カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

いろはCarta展

きょうから外苑前のギャラリーDAZZLEさんで始まった「いろはCarta展」に参加してます。
わたしの担当文字は「く」です。
ひさしぶりにちょっとコミカルな絵を描きました。

明日(7日)はお茶くみ当番なので15時半から17時すぎくらいまで在廊する予定です(他の日は今のところ在廊予定はありません)。
よろしければぜひ〜。

2017年01月06日(金)~ 2017年01月15日(日)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)
ギャラリーDAZZLE

出展作家
浅羽容子/あらいしづか/池内梨歩子/イシイサヤニー/石田マキ/伊藤ハムスター/いりざわちひろ/岩清水さやか/遠藤ゆきえ/老沼果帆子/小川メイ/おぐらきょうこ/かたおかともこ/加藤麻依子/萱沼ゆう/河原奈苗/キタムラハルコ/倉谷美代子/クロエドールゆう子/こざさゆみこ/小林真由子/コバヤシヨシノリ/小牧真子/小松容子/サカイヒトミ/白鳥みちこ/新川あゆみ/末永 淳/鈴木勇介/鈴木美波/たかぎ*のぶこ/高橋亜紗子/ちばえん/中鉢 愛/津村仁美/ナカイミナ/永原チオ/西山亜紀/林 宏之/陽菜ひよ子/藤原飛鳥/船越加那/松井晴美/マリマリマーチ/村上トモミ/山口尚美/山崎 工/Ali

鏡もちマラカス

お正月グッズをつくりました。
鏡もちの形のマラカスです。
手作りなので、ひとつひとつ違った表情です。
ツヤなしのマットな質感で、餅らしく仕上げました。
紙粘土製なので食べられませんが、振るとそれぞれ違った音がします。
お正月の飾りにいかがでしょうか〜?

ファンシー・ショップ
http://shop.iwashimizu-sayaka.com/

20161215b

20161215c

Creema支店オープンしました

岩清水さやかのファンシー・ショップ、Creema支店をオープンしました。
Creemaはハンドメイド・クラフト作品を販売するマーケットサイトです。
すでにCreema会員になっているかたは、こちらでのお買い物が便利かもしれません。
一部取り扱い商品が異なりますが、価格、送料は同じです。
(Creemaはやや高級志向のサイトのようなので、缶バッジなど¥500以下の商品は販売していません)
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

http://www.creema.jp/c/iwac/item/onsale

年賀状はがきやクリスマスオーナメントなど、季節ものの取り扱いもはじめました。
ぜひごらんください^^

肉まん・あんまんの準備

「肉まん・あんまんマラカス」ワークショップの材料の仕上げ中です。
粘土がだいたい乾いたので、表面にやすりがけしてから下地塗料を塗ります。
こうしてならべてみると、なかなかうつくしいかも^^
あさって11/23、武蔵小杉ロフトでお待ちしてます〜

「肉まん・あんまんマラカス」ワークショップのお知らせ

11/23の祝日に、武蔵小杉ロフトで、「肉まん・あんまんマラカス」作りのワークショップをすることになりました。
この写真の作品は直径5cmほどのミニサイズですが、今回は、塗りやすいように、ふつうの肉まんくらいのサイズの土台(こちらで用意します)を使います。
これに好きな色を塗ったり、顔を描いたりしていただきます。

こだわればかなり時間がかかりますが、手軽に30分くらいでできてしまう人もいると思います。
よりリアルにしたい場合は、肉まんあんまんの下に敷く半透明の紙に模様を描くのも楽しいです。
大人でも子供でも参加していただけます。

また、ネットショップで販売している作品の現物を展示しますので、お手に取ってごらんいただけます。

*********************

肉まん・あんまんみたいなマラカスを作ろう

11/23 11:00 〜 16:00
武蔵小杉ロフト ロフトラボ

粘土でできた肉まん・あんまんの形の土台に、絵の具やマーカーを使って色塗りをします。振るとシャカシャカ可愛い音がします。年齢を問わずお楽しみいただけます。

<マラカスを作ろう>
■開催日時:11月23日(水・祝)
      ①11:00~ ②13:00~
      ③14:00~ ④15:00~
■参加費:税込540円
■定員:各回 8名さま
■講師:岩清水さやか(イラストレーター)
※ご予約のお客さま優先、随時受付可能。
※就学前のお子さまは保護者同伴でご参加ください。
※アクリル絵の具を使用しますので、汚れても大丈夫な服装でご参加ください。

武蔵小杉ロフト
神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1135番地1グランツリー武蔵小杉3階
MAP

【予約申し込み・お問い合わせ先】
武蔵小杉ロフト内ロフトラボ またはお電話(044-433-6210)

20160124b

20160124c

あなたのゼイ肉、落とします

垣谷美雨さん著『あなたのゼイ肉、落とします』(双葉社刊)のカバーイラストを描きました。
とても面白い小説ですが、なんとも強烈なタイトルで、、、。
ダイエット小説の絵を、わたしが描いていいのかなという葛藤はあったのですけども〜笑

この絵はもともと2014年の個展のために描いたもので、垣谷さんが気に入ってくださり、小説に合わせて人物を描きかえたり、サイズを拡張したり食べ物の数を増やしたりしました。

個展のときは「蜂の巣みたいな小部屋に可愛いものとか食べ物がたくさんあって、幸せだな〜〜〜」というつもりで描いたのですが、今回の装幀では「食べ物の誘惑で悩ましい」という解釈のようで、あ〜、そういう考え方もあったなあ〜、と思いました。

『あなたのゼイ肉、落とします』(amazon)

個展「ゆたかな日々」in韓国

10/15(土)~30(日)、韓国・ソウルのギャラリーZeinXenoで個展をします。

岩清水さやか個展「ゆたかな日々」
10/15(土)~30(日) 11:00~19:00 月曜休廊 最終日14時まで
15日(土)オープニングパーティ
ギャラリーZeinXeno

アートラボトーキョーのグループ展でときどきご一緒していた、韓国の画家・李奈珍さんのご紹介で、韓国で個展をさせていただくことになりました。
それに先立って5月に出展した韓国のアートフェア「Seoul Open Art Fair」「ART BUSAN」ではけっこう好評をいただけたようなので、今回もうまくいくといいんだけど。。。
インスタレーションは運ぶのも設置するのも大変なので、今回は絵、しかも10号前後の作品が中心の展示になります。

20160928b

韓国では現代美術がとても活発で、アートフェアも盛んに行われています。今回の個展の会期とほぼ同じ時期(10/12~16)にも、「Korean International Art Fair」という大規模なアートフェアがソウルで開催されますが、そちらにも出展させていただくことになっています。

20160928c

わたしは10/12から1週間ほど、仕事と観光をかねてソウルに行ってこようと思っています。
ソウルには2009年の春に一度遊びに行ったことがあります。そのときは市場に行ったりエステに行ったりミュージカル見たり漢江クルーズしたりと、とても楽しかったのですが、とくに食べ物がなにを食べても非常~~~~に美味しかったのが一番印象に残っています。鍋物とか麺とか焼き肉とかおかゆとか。。。とくに屋台のサンドイッチはまた絶対に食べたいです。
今回は、美術館やギャラリー、歴史的な建築物などをたくさん見て来たいと思います。

20160928d

20160928e

minne支店オープンしました

岩清水さやかのファンシー・ショップ、minne支店をオープンしました。
minneはハンドメイド・クラフト作品を販売するマーケットサイトです。
すでにminne会員になっているかたは、こちらでのお買い物が便利かもしれません。
一部、取り扱い商品が異なる場合がありますが、価格、送料は同じです。
よろしくお願いします^^

http://minne.com/iwac

新グッズご紹介!

1月から始めたネットショップは、個展などのためしばらく更新の間があいていましたが、その間に新しいグッズがいくつかできました。
手帳型スマホケース3柄、缶バッジ10柄、ポケットミラー2柄、そして塗り絵ブックです。

手帳型スマホケース
iPhone5/5s/SE、6/6s、6Plus/6sPlus対応。
スマホスタンドとしてもお使いいただけます。
ポップなイラストですが、革っぽい質感のおかげで意外と落ち着いた感じです。

20160823a

缶バッジ
直径57mmとやや大きめのサイズで、イラストが引き立ちます。
バッグなどのアクセントに、何個かまとめてつけても可愛いです。

20160823b

ポケットミラー
おしゃれな女性向けのイラストを選びました。
ほぼ名刺くらいのサイズです。小さくて軽いので、お出かけのときにとても便利です。

20160823c

塗り絵ブック
11枚のイラストを収録。
大人向けの塗り絵としても難易度が高めですが、ぜひチャレンジしてみてください。
画集としても楽しんでいただけます。
大判のA4サイズなので、線描の細部まで見ていただくことができます。

20160823d

詳細はネットショップをごらんください。

ハンドメイドマーケットサイト「minne」でも販売をはじめました。
岩清水さやかのファンシー・ショップ minne支店
minne会員のかたは、こちらからもお買い物していただけます。

どうぞよろしくお願いします〜!

推理は一日二時間まで

イラストを担当した『推理は一日二時間まで』(霧舎巧さん/光文社)が発売になりました。
ジャーロさんで連載中から挿絵を描かせていただいていましたが、嬉しいことにその挿絵も全部収録されてます。
とにかくキャラクターがたくさん出てくる小説で、しかも変装したり入れ替わったりするので、毎回、頭がこんがらかりながら描いてました。

今回描いたのはカバー用のイラストだけなのですが、デザインが去年『署長・田中健一の憂鬱』でも担当していただいたwelle designさんということだったので、背景やキャラクターをそれぞれ別のレイヤーに分けた状態で納品させていただきました。キャラクター盛りだくさんのごちゃごちゃした絵をすっきりとまとめていただいた上に、カバー以外の表紙や扉、目次のページでも、レイヤーのデータをいろんなパターンで生かして使っていただいて、とても嬉しかったです。

『推理は一日二時間まで』(amazon)