タグ別アーカイブ: キャラクター

コンディトライ・シュピーレン ジャム&紅茶ラベル

上北沢にあるドイツ菓子屋さん「コンディトライ・シュピーレン」さんの紙袋などのイラストを描かせていただいていますが、新アイテムとして、ジャムと紅茶の容器に貼るラベルを作りました。

見本にいただいたのは「トロピカルミックスジャム」。パイナップル、マンゴー、パパイア、桃、パッションフルーツ、レモンの贅沢なジャムです。
シュピーレンさん、お菓子はもちろんですが、ジャムも美味しくておすすめです。こだわりの紅茶もとてもいい香りです。

あの子・ミーツ・エッグアート

昨日は岩清水同好会のYさんご夫妻のお宅でエッグアートの手ほどきをしていただきました。
Yさんは師範のお免状をお持ちのエッグアートの達人。

20160504a

未知の道具や塗料やパーツがいろいろあって超ときめいた。とくに歯医者さんそっくりな道具を使って卵の殻をけずるのがものっっっすごく楽しかった!(手が真っ白になって、爪やすりの匂いになる)
13時ころにお邪魔して、22時過ぎまで、ご主人をほぼ放置して(笑)もくもくと作業。
ラインストーンや金具の取り付け、殻の内側の処理などはみんな先生にやっていただいて、今まで見たことない、キラキラゴージャスなあの子の肖像入りエッグが完成しました(なんとなくロマノフ感があるw)

20160504b

さっそく自宅の玄関の靴箱の上の人形コーナーに置きました。カオスだなあ^^
最後の写真はYさんのご自宅の棚で、見本のエッグと一緒に撮った記念写真です。世界観がまるで違っておもしろい^^

20160504d

ふわふわ個展2日目

昨日は、ギリギリどうにか間に合って、無事に展示を始めることができました。
ただ、ちょっとつけたしたい部分があったので、昨晩はまた結局終電でしたけども。。。われながらすごいスタミナだな〜と。へたに体力があるからこうやって無茶してしまうんですけども。

わたしは今日はギャラリーに行けないのですが、明日からは最終日まで毎日顔を出せると思います。15、16、17日はオープンからずっといる予定です。他の日は16時か17時くらいまでには行けると思います。
照明の関係で、どっちかといえば、時間帯的には夕方以降がおススメかもです。

シュトーレン

今年も、上北沢のケーキ屋さん、コンディトライ・シュピーレンさんのシュトーレンをいただきました。
わたしはこのお店の紙袋とか包装紙のイラストを描かせていただいてます。
見た目は地味だけど、薄くスライスして食べると、意外なほどフルーティで、紅茶によく合います。
ずっしりと密度が高いので一度にたくさんは食べられませんが、日持ちするので、毎日少しずつ食べるのが楽しみです。
毎年食べてるので、年々美味しくなっていくのがわかります。
 
上北沢駅の北口を出てまっすぐ甲州街道に出て信号を渡ったとこにあるお店です。ケーキ以外も、ジャムとかクッキーとか、夏ならアイスも、とても美味しいです。
お近くの方はぜひどうぞ~。

Yokohama College of English

大学時代の美術サークルの同期が、4月から横浜で英会話教室を始めました。
わたしはWEBサイト用のイラストを描かせていただきました。

Yokohama College of English

講師の村上さんは帰国子女で、英語も堪能で、英語を教える経験も豊富なかたです。アットホームな、あたたかい感じの教室になるだろうなーと思います。
新しいことを始めるのってすごく大変だと思うけど、なんだか、わたしまでワクワクした気持ちになりました。
教室のスタートに花を添えることができて、うれしいです。

シュピーレンのシュトーレン

上北沢のドイツ菓子屋さん「コンディトライ・シュピーレン」(ラッピングのイラスト描いてます)さんから、シュトーレンをいただきました。年末だなー。
毎年レシピを少しずつ変えていて、今年のは特に自信ありだそうです!いい匂い~!

シュトーレンは、一ヶ月くらい日持ちするけど、固くなってしまうので、なるべく早めに食べたほうが美味しいそうです。なのでクリスマスまで待たないで食べてしまおうψ(`∇´)ψ

たしかに、美味しい!
以前にもシュトーレンをいただいたことがあったけど、そのときはもっとパンっぽかった気がする。今年のはもっと食べやすくなって、美味しくて食べすぎてしまう。。。

シュピーレンさんのチョコで幸せ気分

今年もまた、上北沢にあるドイツ菓子店、コンディトライ・シュピーレンの岡田さんから、こんなにたくさん、チョコレートをいただいてしまいました!

どうしよう~~~、うれしすぎる!!!
トリュフとオレンジチョコとアーモンドチョコとカリカリの丸いの。
写真撮る前に、反射的にいくつか食べてしまいました。

先日プランタン銀座であらゆる種類のチョコレートをつまみ食いして回った記憶もまだ新しいのだけど、シュピーレンさんのチョコ、絶対美味しいです。
グルメじゃないんでうまく表現できないんですが、甘さがさっぱりしてて、香ばしくて、素直で親しみやすい味です。唯一の問題点は、包装紙にわたしのイラストが印刷されてるので、バレンタインのプレゼントにするにはどうにも恥ずかしいんだよね。
でも美味しいからなあ。。。来年は誰かにあげたいもんですなあ~。

わくわく!

今年もコンディトライ・シュピーレンさんのチョコいただいてしまいました~
ほんとにおいしいんです。うふふ…
でもバレンタインの時期だけしか食べられないので、食べてみたい方は来年まで待ちましょうね。
というか、ケーキ屋さんなので、ぜひケーキを食べてみてください!
もれなくわたしのイラスト入りの紙袋orビニール袋or包装紙に入れてもらえます~。

きょうは絵本の打ち合わせ。
去年から進めてるのとは別件(全然ちがう企画でよかった)。
なんか今まで描いてきた世界をもとにして、いい感じでいけそうな気配。わくわく!

デミオくんとわたし

マツダ・デミオのサイトの、エコドライブ・キャンペーンのイラスト描きました。

わたしはゴールド免許を持ってるんだけど、完全なるペーパードライバーなので、車の分類というと、バス/トラック/タクシー/それ以外、というおおざっぱな認識で、目の前を走る車をみても、車種etc.という情報は全く読み取ってなかった。(そうやって読み取れてない情報というのが世の中にはたくさんあるのだ)
今回デミオをデミオらしく描くためにいろんな車をじろじろ見たりした。
こういうお仕事をすると、今まで興味がなかったことに興味が持てて良い。

広告マンにとって、車をキャラクター化するということはごく当然のことらしい。
見るほうも、車に顔がかいてあるのを自然に受け入れてしまうのだから、すごいなと思った。実際車に乗る人は、マイカーを擬人化していたりするのかもしれないけど。
わたしなどはつい「車に顔なんかないのになあ」と思ってしまう。
だって、ないものを描くのは大変なことなのだ!今回もけっこう試行錯誤した。
それでもやっぱり、キャラクターというものには親しみやすさを感じる。それはなぜだろう。慣れの問題だろうか。愛だろうか。国民性もあるのだろうか。興味深い問題だと思う。
でもたしかに車以外に人間のキャラを出したりすると説明がかえってややこしくなるのだ。

チョコレート

包装紙や紙袋にイラストを使っていただいているケーキ屋さん、コンディトライシュピーレンの岡田さんがチョコを送ってくださった。
わーチョコレートもやってたんだ!(バレンタインは終わっちゃったけど)。

写真を撮ったあと、さっそくいただく。さすがに美味しい~。(じつは写真撮る前に食べちゃったぶんも…笑)
一緒に写っているビニール袋は新作。こちらもなかなかいい感じ。(半透明なので、袋の中に白い紙を入れて写してます)

ケーキ屋さん情報・その2

ケーキ屋さんの紙袋と包装紙の詰めの打ち合わせ。
お店の名前はKonditorei SPIELEN(コンディトライ シュピーレン)。
10/1(日)の大安吉日にオープンすることに決定だそうです!

お菓子職人の岡田さんにソルダムのコンポートの瓶詰めをいただいた。
開店前に食べられるなんてうれしい~。

打ち上げ

「賢者のリフォーム」の打ち上げに参加。
呼んでいただいて嬉しかったのだが、ただでさえ人見知りがはげしいうえに、あまり寝てなかったのでテンションがひたすら低くなってしまい、自己紹介も満足にできず、 大人としてこれではいけないなあと反省。