タグ別アーカイブ: 児童書

10分で読める 学校のこわ〜いうわさ

「10分で読める 学校のこわ〜いうわさ」15日発売だったようです。
(まだ見本を送ってもらっていないのでどんな仕上がりなのかわからないんですけど。。。)

一時、アマゾンランキングの「こどものホラー・怖い話」カテゴリでベストセラー1位になっていました!(スクリーンショットを撮っておけばよかった。。。)

今回は、著者さんが誰なのか知らずに挿絵をお引き受けしたら、怪ダレの加藤一さんのチームだったのでびっくりするやら嬉しいやらでした^^
なんと表紙の絵も描かせていただきました。
怪ダレよりももう少し下の、小学校1〜2年生くらいの子向けの本で、文章もかわいらしい感じですが、しっかり怖いです。挿絵も年齢にあわせて描き方を変えています。
 

『10分で読める 学校のこわ〜いうわさ』詳細

怪ダレ脳

街を歩いててたま~に出くわす、コンクリート壁いっぱいに手形をベタベタつけて「木」とかに見立てたコミュニティアート的なやつが怖くて怖くてたまりません。

。。。怪ダレ脳なのでしょうか。

それはさておき、怪ダレシリーズの電子書籍版が発売になっています。(1巻『タタリの学校』、4巻『恐怖の教室』、5巻『悪霊の教科書』)
ニンテンドー3DS専用のコンテンツです。

今までにも挿絵を描いた実用書が電子書籍化されたことはあったのですが、電子化の作業にはわたしはノータッチでした。
でも今回はきちんとチェックさせてもらえたので、本当に良かったです。やはり、元々紙に印刷される前提で描いているものなので、電子化しても全く同じというようにはできません。
3DSは特に、2画面の状態で表示されるので絵が真ん中でちょん切れたり、画面に合わせて縮小されてしまったりするので、見やすくなるように、あちこち手直しさせてもらいました。

電子書籍は、印刷という工程を通さないので、パソコンで描いたのに近い状態で絵を見てもらえるという面白さもあります。
機械的に、ただ紙の本を電子データ化するだけではもったいないし、本とは全く別の媒体として、やろうと思えばもっといろんなことができる可能性があるなあと思いました。

悪魔の十三階段

怪ダレ13巻「悪魔の十三階段」の見本をいただきました!

今回は、表紙にあの方が登場しています。笑
1巻が世に出たのが2008年だから、その頃の読者の中には、もう大学生とか社会人になってる人もいるんだな~ いやはや。。。

お店に並ぶのは27日頃になるそうです。

怪異伝説ダレカラキイタ?〈13〉悪魔の十三階段 (怪異伝説ダレカラキイタ? 13)

怪異伝説ダレカラキイタ?〈13〉悪魔の十三階段 (怪異伝説ダレカラキイタ? 13)

  • 作者: 加藤一,岩清水さやか
  • 出版社/メーカー: あかね書房
  • 発売日: 2015/05
  • メディア: 単行本

タイムストーリー 1日の物語

タイムストーリー 1日の物語」偕成社から発売になっています。

令丈ヒロ子さん、東野 司さん、春間美幸さん、いとう みくさん、加藤純子さんの五人の作家による「一日」にまつわる物語集です。
五つのお話が全く違うので、表紙はどうしようか迷いましたが、思い切って黒ベースのシンプルな絵にしました。挿絵もたくさん入ってます。
小学生~大人まで幅広い年代の方に読んでいただけると思います。

1日の物語 (タイムストーリー)

1日の物語 (タイムストーリー)

  • 作者: 日本児童文学者協会,加藤純子,岩清水さやか
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2015/03/03
  • メディア: 単行本

怪異伝説ダレカラキイタ?第12巻「学校の心霊」

怪ダレシリーズ第12巻「学校の心霊」の見本ができました。
来週中には本屋さんに並ぶそうです。今回はちょっとコミカルな表紙になってます。

音楽発表会で縦笛を吹こうとしたら、うっかりエクトプラズム(?)がでちゃったよ~!みたいな状況なんでしょうかね。。。笑

12冊のうち2冊は他のイラストレーターさんが描かれているので、わたしの挿絵のものはちょうど10冊めになります。ほんとにうれしくありがたいことです。

怪異伝説ダレカラキイタ?〈12〉学校の心霊 (怪異伝説ダレカラキイタ? 12)

怪異伝説ダレカラキイタ?〈12〉学校の心霊 (怪異伝説ダレカラキイタ? 12)

  • 作者: 加藤一,岩清水さやか
  • 出版社/メーカー: あかね書房
  • 発売日: 2014/11
  • メディア: 単行本

教室の七不思議

怪異伝説ダレカラキイタ? シリーズ、おかげさまで第11巻!
教室の七不思議」の見本ができあがりました。早ければ来週中に発売されるそうです。

今回は動物が出てくるお話が多いです。キモコワ。
化け猫の表紙が目印ですよー!!!

怪異伝説ダレカラキイタ?〈11〉教室の七不思議 (怪異伝説ダレカラキイタ? 11)

怪異伝説ダレカラキイタ?〈11〉教室の七不思議 (怪異伝説ダレカラキイタ? 11)

  • 作者: 加藤一,岩清水さやか
  • 出版社/メーカー: あかね書房
  • 発売日: 2014/04
  • メディア: 単行本

怪ダレ10

怪異伝説ダレカラキイタ?シリーズ10巻「霊界の宿題」発売になってます。
今回は、10冊め記念で、真っ赤なカバーです。

カバーの絵を描くのも神経使いますが、それよりも、いつも一番描くのがしんどいのは見返しの絵です。

怪ダレの場合、最初と最後の見返しが違う絵(朝と夜)になっていて、同じ構図でもこまかくあちこち変えているし、そもそもサイズが大きいのでかなり気合いがいります。
なのでつい後回しになって、たくさんの挿絵やら表紙やらぜんぶ描き終えて、ヘトヘトになってから描くのでよけい大変です。


でも見返しなので、三分の一はカバーに隠れてしまうし、図書館でフィルムコーティングされると永遠に見えなくなってしまいます。

まあそれは仕方ないことなのですが、、、
前に旅先の図書館で、見返しが隠れないようにうまいこと工夫してフィルムがけをして下さってたのを発見したときは、すごく嬉しかったなあ。(司書さんありがとうございます)

怪ダレ8巻「幽霊の連絡帳」発売

10月はめちゃくちゃ忙しくて、ずっと家にひきこもってて、気がついたらたったの4回しか靴を履かなかったほどでありました。(展示や舞台のお誘いたくさんいただいてたのに、不義理してしまいました)

そして、その成果!怪ダレ8巻「幽霊の連絡帳」が発売になりました!わー!

カバーのイラストは「怖い」と言っていただいてますが、これをぺろっとむくと、中の表紙は同じ絵の白黒バージョンになっていて、カバー以上に怖~い出来になっています。最後のチェックで大きく修正したかいがあったというものです。
震災以降、用紙の調達や、印刷レベルのキープが難しくなっているそうで、今回もかなり苦労しましたが、どうにか形になり、よかったです。

内容は、今回はいつもよりコミカルな感じになると聞いてたのですが、コミカルなお話もありつつ、全体的にはやっぱりかなり怖いなと思いました。
次の巻も、来年の春ごろに出る予定だそうです。去年の秋から年2冊ペースになっています。すごいな。。。!

怪ダレの挿絵を描くたびに太るので、ちゃんと対策考えないといかんな~。

怪異伝説ダレカラキイタ?〈8〉幽霊の連絡帳 (怪異伝説ダレカラキイタ? 8)

  • 作者: 加藤一,岩清水さやか
  • 出版社/メーカー: あかね書房
  • 発売日: 2012/11
  • メディア: 単行本

みつばち文庫

山田養蜂場さんが全国の小学校などに本を寄贈する、「みつばち文庫」の今年のラインナップに、挿絵を担当した児童書『むこうがわ行きの切符』が選ばれました。

すごい!うれしいなあ~

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)

  • 作者: 小浜ユリ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2011/09/10
  • メディア: 単行本

椋鳩十児童文学賞パーティ

きょうは久々に東京に出てきました。これから椋鳩十児童文学賞のパーティ!
「むこうがわ行きの切符」著者の小浜ユリさんにお会いできるので楽しみ~(^∇^)

椋鳩十賞は鹿児島市主催の賞なので、きょうは、生の鹿児島弁をはじめて聞きました。そして焼酎がおいしすぎた。。。
二次会はポプラ社に移動して、那須正幹先生や、作家さん方のなかにまじって美味しいお料理や幻の焼酎をいただいた。

小浜さん、ご受賞おめでとうございました!!!
(しかしわたしまでステージにあげられて紹介されるなんて思ってなかったな。。。うかうかしてた。)

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)

  • 作者: 小浜ユリ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2011/09/10
  • メディア: 単行本

***

あしたで父も退院だし。よかったなー!!