韓国アート道中・3日目 歴史のこと

午前中は、道ばたとか地下鉄の通路とかで買った珍しいお菓子や薬飯(甘くて超美味しい)、コンビニ海苔巻き(辛い)をつまみながらホテルで絵の続き。

午後から観光にでかけました。
7年前にはじめてソウルに来た時は、古いイメージをもっていたので、想像以上の大都会ぶりに、失礼ながらびっくりしましたが、今回はそのときよりももっと街に活気がある気がしました。
景福宮のまわりは韓国の伝統衣裳を着た観光客がいっぱいいて、とても華やかでした。
とくに、王座の後ろに飾ってある山の絵がとても素敵で感動しました。
その流れで景福宮の敷地内にある民族博物館を見学。民芸品、陶器、伝統の衣服や生活様式などの展示、昔の活字や、古い美術品、トーテムポールみたいなユニークな表情の木彫り、古い建物など。かなり興味深かったです。

20161014b

20161014g

20161014c

20161014d

Zeinxenoギャラリーのある場所は、景福宮の西側、西村(ソチョン)というエリアで、表通りには食べ物屋さんやおしゃれな小さいお店やギャラリーがたくさんあって、裏路地をのぞけば古い家並みが見える、散歩するのがとても楽しいところでした。(帰国したあと実家に行ったら、ちょうど母がこの西村を舞台にした韓流ドラマを見てた笑)

夜はギャラリーの社長さんと李奈珍さんとサムギョプサル屋さんへ。
韓国と日本は歴史認識に違いがあるが、私たちはその中間で行きましょう、という話をしていただきました。
それで改めて思ったのは、その歴史についてほぼ何も知らないということ。
今の学生はどうだか知らないけど、わたしが学生のころは、朝鮮半島というと、馬韓辰韓弁韓・楽浪郡・高句麗・百済・新羅・渤海・高麗青磁・李成桂・訓民正音・活字の発明・両班・文禄慶長の役などの言葉を知っていればいいという感じでした。近現代史については、一応ひと通りは勉強したけど大学入試にあまり出なかったからちゃんと覚えていないし、大学生のときに朝鮮半島の美術について調べようと思っても資料をほとんど見つけられなかった記憶もあるし。。。
今はネットがあるから、検索すればすぐに、例えば今日見た景福宮も豊臣秀吉や日本軍に破壊されて再建されたものなのだということがわかって、複雑な気持ちになります。
でも過去に日本人が韓国だけでなくアジアの国々でやったひどいことにどう向き合うべきかは、よくわからないというのが正直なところです。

20161014e

20161014f

韓国アート道中・2日目 KIAF見物

ちょっと寝て起きて、狭いホテルのベッドの上にトランクを乗せて机代わりにして、絵の続き。
日本から運んできた荷物のせいで腕が筋肉痛。。。

昼頃、地下鉄に乗って自力でKIAFの会場に行きました。
7年前にソウルに遊びに来たときは地下鉄の駅に英語や日本語の表示がなくて不便だったけど、今回はわかりやすい表示があって、ハングルが読めなくても迷うことはなく、街全体がぐっとフレンドリーな感じがしました。
昼ご飯は、社長さんに近所の食堂に連れて行っていただき、鯖と大根とキムチの鍋物をごちそうになりました。辛かったけど美味しかったです。^^会話ができなくてほぼ無言でしたが。昼間から鍋物食べるんだなあ。。。

20161013b

ブースにいても手持ち無沙汰だったので、午後はKIAFの会場をゆっくり見て回りました。
KIAFは全体的に作品のサイズが大きくて、写真ではわかりづらいけど、表面がレリーフみたいにデコボコした絵がたくさん目につきました。女性のヌードや、心の闇を丸出しにしたような病んだ作品は少なくて、画材とか素材とかと戦っている作品が多く、全体に力強く健康的な印象でした。
あと、丸い壷を描いた絵画が多かったのは、陶芸が韓国の誇る伝統芸術だからだそうです。
李奈珍さんによれば、ここ何年も作家の顔ぶれに変化がなく面白みがないということでしたが、そのぶん洗練されていて技術的なレベルがとても高かったです。

20161013c

20161013d

20161013e

夕方くらいに日本からアートラボトーキョーの森下さん&菅間さんが到着したので合流して、李奈珍さんにギャラリー近くの参鶏湯のお店に連れて行っていただきました。
参鶏湯はレトルトのしか食べたことがなかったので、本物は全くの別物で、優しい味で感動しました。中身の栗とかナツメとか朝鮮人参は、食べないのだそう(栗は甘くて美味しかったけど)。
李奈珍さんおすすめのチョンハというお酒もとても飲みやすかったし、生にんにくにコチュジャンをつけて食べるおつまみも恐る恐る試してみたらはまってしまいました。
参鶏湯の土鍋を斜めに傾けて(行儀の良くない食べ方だそう)お腹いっぱいに食べました。

20161013f

韓国アート道中・1日目 KIAF・VIPプレビュー

展示前はいつもそうなんだけど、出かける直前まで徹夜で絵を描いて、残り8枚の仕上げが終わらないまま大慌てで梱包して、大荷物を引きずって成田へ。朝9時発の飛行機に乗り込みました。
あたまがぼーっとしていたので、飛行機恐怖症は半分くらいですんだかも。。。
隣りの席に座っていた50代くらいの中国人のきれいな女性が、ふと気づくと下半身に服を着てなくて、薄い黒ストッキングの下にパンツが丸見えだったんですがあれは幻だったのでしょうか。
機内食は朝だというのにソースカツ丼(と、ごま豆腐とベルギーワッフルとコチュジャン)でした。コチュジャンの使い道がわからなくてごま豆腐にかけてみたけどあまり合わず、、、ソースカツ丼にかけるのが正解だったのかな???

昼頃に仁川空港に着いて、リムジンバスでソウル市内に向かいました。出迎えに来てくださった李奈珍さんがバス代も支払ってくださり、割り勘はしないで次の支払いのときに交替で払うのが韓国式だと教わりました。
これは一期一会式の考え方をする日本人的には戸惑う習慣だけど、このやり方に慣れた人にとっては割り勘ってかなり他人行儀な感じなのかもしれないなあと思いました。

Zeinxenoギャラリーは壁が高く広々として、天窓があって素敵な場所でした。
荷物を下ろして、まずは李奈珍さんの個展を鑑賞しました。作品の半分ほどはKIAFに搬入した後だったので全貌は見られませんでしたが、優しくて温かくて精巧でそれでいて力強くて、魅力的な展示でした。

20161012b

それからホテルに寄ってチェックインをすませました。ホテルは地下鉄の乙支路3街駅の近くで、部屋の広さ=バスルーム+ベッド、というとんでもなく狭い部屋だったけど、KIAFの会場のCOEXモールにもギャラリーにも乗り換えなしで行ける便利なところでした。

20161012c

そして、急いで地下鉄に乗りCOEXへ。KIAF(Korean International Art Fair)は、バーゼル香港に次いで、アジアでは2番目に大きなアートフェアだそうです。会場はものすごく広くて、各ギャラリーのブースはどこも大きく、作品も大きく、とにかく圧倒されました。
Zeinxenoギャラリーのブースは、絵画や彫刻など様々なジャンルの、比較的小さめな作品がぎっしりと展示されていて、お客さんも途切れず賑わっていました。

20161012a

20161012d

12日はVIPプレビューだったので、終了後にZeinxenoの社長さんと副社長さんと李奈珍さんとVIPパーティに行き、ビュッフェ形式の食事をいただきました。韓国料理じゃなくて、主食はにぎり寿司でした。なにしろ徹夜なのであまり食べられなかったけど、カクテルがおいしかったです。李奈珍さんの通訳のおかげで、みなさんと楽しくお話できました。

個展「ゆたかな日々」in韓国

10/15(土)~30(日)、韓国・ソウルのギャラリーZeinXenoで個展をします。

岩清水さやか個展「ゆたかな日々」
10/15(土)~30(日) 11:00~19:00 月曜休廊 最終日14時まで
15日(土)オープニングパーティ
ギャラリーZeinXeno

アートラボトーキョーのグループ展でときどきご一緒していた、韓国の画家・李奈珍さんのご紹介で、韓国で個展をさせていただくことになりました。
それに先立って5月に出展した韓国のアートフェア「Seoul Open Art Fair」「ART BUSAN」ではけっこう好評をいただけたようなので、今回もうまくいくといいんだけど。。。
インスタレーションは運ぶのも設置するのも大変なので、今回は絵、しかも10号前後の作品が中心の展示になります。

20160928b

韓国では現代美術がとても活発で、アートフェアも盛んに行われています。今回の個展の会期とほぼ同じ時期(10/12~16)にも、「Korean International Art Fair」という大規模なアートフェアがソウルで開催されますが、そちらにも出展させていただくことになっています。

20160928c

わたしは10/12から1週間ほど、仕事と観光をかねてソウルに行ってこようと思っています。
ソウルには2009年の春に一度遊びに行ったことがあります。そのときは市場に行ったりエステに行ったりミュージカル見たり漢江クルーズしたりと、とても楽しかったのですが、とくに食べ物がなにを食べても非常~~~~に美味しかったのが一番印象に残っています。鍋物とか麺とか焼き肉とかおかゆとか。。。とくに屋台のサンドイッチはまた絶対に食べたいです。
今回は、美術館やギャラリー、歴史的な建築物などをたくさん見て来たいと思います。

20160928d

20160928e

minne支店オープンしました

岩清水さやかのファンシー・ショップ、minne支店をオープンしました。
minneはハンドメイド・クラフト作品を販売するマーケットサイトです。
すでにminne会員になっているかたは、こちらでのお買い物が便利かもしれません。
一部、取り扱い商品が異なる場合がありますが、価格、送料は同じです。
よろしくお願いします^^

http://minne.com/iwac

新グッズご紹介!

1月から始めたネットショップは、個展などのためしばらく更新の間があいていましたが、その間に新しいグッズがいくつかできました。
手帳型スマホケース3柄、缶バッジ10柄、ポケットミラー2柄、そして塗り絵ブックです。

手帳型スマホケース
iPhone5/5s/SE、6/6s、6Plus/6sPlus対応。
スマホスタンドとしてもお使いいただけます。
ポップなイラストですが、革っぽい質感のおかげで意外と落ち着いた感じです。

20160823a

缶バッジ
直径57mmとやや大きめのサイズで、イラストが引き立ちます。
バッグなどのアクセントに、何個かまとめてつけても可愛いです。

20160823b

ポケットミラー
おしゃれな女性向けのイラストを選びました。
ほぼ名刺くらいのサイズです。小さくて軽いので、お出かけのときにとても便利です。

20160823c

塗り絵ブック
11枚のイラストを収録。
大人向けの塗り絵としても難易度が高めですが、ぜひチャレンジしてみてください。
画集としても楽しんでいただけます。
大判のA4サイズなので、線描の細部まで見ていただくことができます。

20160823d

詳細はネットショップをごらんください。

ハンドメイドマーケットサイト「minne」でも販売をはじめました。
岩清水さやかのファンシー・ショップ minne支店
minne会員のかたは、こちらからもお買い物していただけます。

どうぞよろしくお願いします〜!

海の不思議ないきもの展

きょうは台風一過でとても暑く夏らしい日になったので、ずっと楽しみにしていた、木暮奈津子さんの個展「海の不思議ないきもの」を見に、千葉県立美術館へ。
夏にぴったりの展覧会。広い展示室に、約1700点にのぼるというものすごい数のカラフルなオブジェたちがずらりと並んでいて、ただただ圧倒された。千葉ポートタワーや、観光船乗り場にも一部展示されていて、しかも同じ期間に松屋銀座でも展示されていたりして、いったいどれだけたくさん作品があるのかと。あの量、保管するだけでも相当大変なはず。。。
木暮さんの海のいきものたちは、どれもこれも変わったかたちだけど、不思議とグロテスクさは全くなくて、とぼけた明るさがあって、わたしは大好きなのです。

20160817b

hanabi展はじまり

雨天決行(72.7×33.3cm アクリルガッシュ、キャンバス 2016)

今日は隅田川花火大会でしたが、隅田川のすぐ近くにあるアートラボ・トーキョーでは、hanabi展が始まりました。

写真は今回の出品作2点のうち気に入っているほうで「雨天決行」というタイトルなのですが、今日は晴れて良かったですね〜。

hanabi展 
7月30日(土)~8月7日(日) 15:00~20:00
最終日18:00まで 月曜日休廊
Art Lab TOKYO
http://art-lab.jp/alab_104.htm

出展作家(50音順) 岩清水さやか/河野さおり/菅間圭子/コウノユキトシ/桜井貴/地場賢太郎/nibinibu/樋口裕子/村田いづ実/森下泰輔/ヨシナリミチコ/李奈珍/サイ・ヴァイオレット /宮島永太良 ほか

推理は一日二時間まで

イラストを担当した『推理は一日二時間まで』(霧舎巧さん/光文社)が発売になりました。
ジャーロさんで連載中から挿絵を描かせていただいていましたが、嬉しいことにその挿絵も全部収録されてます。
とにかくキャラクターがたくさん出てくる小説で、しかも変装したり入れ替わったりするので、毎回、頭がこんがらかりながら描いてました。

今回描いたのはカバー用のイラストだけなのですが、デザインが去年『署長・田中健一の憂鬱』でも担当していただいたwelle designさんということだったので、背景やキャラクターをそれぞれ別のレイヤーに分けた状態で納品させていただきました。キャラクター盛りだくさんのごちゃごちゃした絵をすっきりとまとめていただいた上に、カバー以外の表紙や扉、目次のページでも、レイヤーのデータをいろんなパターンで生かして使っていただいて、とても嬉しかったです。

『推理は一日二時間まで』(amazon)

hanabi展のお知らせ

※ギャラリーの都合により、展示日程が変更になりました。
元は7/29〜8/6の予定でしたが、1日後ろ倒しになって、7/30(土)〜8/7(日)になります。
よろしくお願いします。

今年も、アートラボトーキョーの「hanabi展」に参加します。
ギャラリーから隅田川まで、すぐ近くです。
30日に、レセプションの後でみんなで隅田川花火大会を見に行く予定だそうです。
わたしは去年初めて見に行きましたが、恐ろしいほどの混雑で、、、
江戸時代の浮世絵にも隅田川花火が題材のものがいろいろあるけど、
橋の上に人があふれかえる情景が、江戸と現代とまったく同じなのが面白かったです。
でも正直、今年はもう花火大会には行きたくない。。。笑
とはいえ、せっかく花火展なんだから、花火なしってのも寂しいし、晴れてほしいな〜

7月30日(土)~8月7日(日) 15:00~20:00 最終日18:00まで。 月曜日休廊
会場:Art Lab TOKYO
30日は15:00~18:30(雨天で隅田川花火大会中止の場合は20:00まで)


(↑これは去年出品した作品です)