怪ダレパネルは今

先日まで岡山県の「妖怪おばけ屋敷大博覧会2012」で展示されていた「怪異伝説ダレカラキイタ?」シリーズの挿絵パネル、いまは千葉市の宮脇書店稲毛長沼原店さんで展示されているそうです。

写真を見ると、広いお店のようで、もっとたくさん飾るスペースがありそうですね。
まだまだシリーズは続くので、パネルの数も増やしていきたいです。

そろそろ次巻の発売に向けての作業がはじまります。たのしみなような、こわいような。。。

〈軽装版〉怪異伝説ダレカラキイタ?(全6巻)

  • 作者: 加藤一
  • 出版社/メーカー: あかね書房
  • 発売日: 2012/03
  • メディア: 単行本

奈良美智展

きょうは奈良美智展@横浜美術館へ。面白かったー!
やっぱり混んでたけどその3分の2は、常設展は見ないで帰ってった感じかな。常設展にも奈良作品たくさんあったのに。
しかし観客が減ったらこんどはみんなしてケータイで写真撮りまくり。あちこちでシャッター音が鳴り、なんだか動物園みたいだった。

るるる・られる

星舟庭の原田さん&大鹿さんと、ダンサーの新井さんが出演された舞台「るるる・られる」を見に、北本市文化センターホールに行きました。
(8/4には彩の国さいたま劇場でも同公演をやったのだけど、個展の最終日で見に行けなかった)

駅からホールまでの道の途中にぶどう畑や野菜の直売所があったり、ホールの向かい側では縄文遺跡の調査をしていた。このくらいの規模の町は、なんだか安心できて好きだ。

赤いワンピースをまとった、いつになく可愛い大鹿さんの声と、いつものように自然なたたずまいの原田さんのオルガンと歌、そして新井さんの、見る人をぐいぐい引き込むアイデアとパフォーマンス。ドゥイさんという2人組アーティストのすてきな美術、、、

言葉で説明するのがむずかしい、今までにみたことのない不思議な舞台。
いちおう子供むけの舞台だけど、ほんとに楽しくて、周りの子供たちと一緒になって本気でニコニコした。
あんなに元気いっぱいで楽しそうな大鹿さんははじめて見た。すごく練習したんだろうなあ。。。
いいなあ~~~、と思った。

***

「るるる」の前にはうらわ美術館のブラティスラヴァ絵本展に行った。トルネード!展でご一緒した作家さんが何人も出展されててテンションあがった。

終演後は、吉田稔美さんと一緒に東京に戻り、山下以登さんの個展(HBギャラリー)へ。女の子のあごのところのラインが好き。なんと正面の壁に「トルネード!』のときの懐かしいキリヌキ作品群がまとめて展示されていてビックリ!

ソーメンかぼちゃ

なんかもっと気楽に自由にかろやかに描けないかなあ、ってもう何年もずーっと思いつづけている。

中学のころ、美術の時間に、いつもお城の絵ばかり描いてる子がいたなあ。あの子はいまごろどうしてるだろう。

きょうははじめてソーメンかぼちゃというものをゆでた。ほんとに麺みたいにほぐれてワクワクした。ソーメンっていうよりラーメンみたいな透きとおったきれいな黄色で、塩ポン酢かけてたべたらおいしかった。
かぼちゃみたいにほくほくしてるのかなと想像してたけど、まったく違って瓜的な感じでさっぱりしてた。

セミ

実家のまわりをチャリでうろうろしてたら、いきなりフトモモにセミがとまった!!!

セミにしか通用しないフェロモン出ちゃったかな。。。

睡眠

18時間も眠ってしまった!

整体行ったりお肉たべたり薬飲んだりするより、とにかくたっぷり眠るのがいちばんだと思う^^

妖怪おばけ屋敷大博覧会2012

明日8/8から岡山県で開かれるイベント、「日本最大級のお化け屋敷 妖怪おばけ屋敷大博覧会2012」で、『怪異伝説ダレカラキイタ?』シリーズの販売&挿絵パネルの展示をします。

やっぱ夏は怪談だね!お近くの方はぜひ。

2012年8月8日(水)~8月20日(月) 10:00~18:00
コンベックス岡山 大展示場 / 交流広場 入場料500円

どうもありがとうございました

いろいろありましたが、個展、どうにか終了しました。
まだ後片付けが残っていますが、とりあえずホッとしています。
遊びにきてくださったみなさま、応援してくださったみなさま、ほんとにほんとにどうもありがとうございました!

この数ヶ月、いろいろありすぎて、あっという間に過ぎてしまい、とくに個展の準備に入ってからは記憶喪失のような感じ。

かと思うと、GWのトルネード!展はものすごい大昔のことのような気がするし、時間の感覚がぐちゃぐちゃで、わけがわからなくなっている。。。

とにかくこの展示のことしか考えてなかったので、終わったらどうなるのかと思ったら、終わったとたん、もう次にやりたいことのアイデアがうかんできてしまった。

たいへんだ。。。

個展最終日

さー、本日で、とうとう個展最終日です。
15時オープン、18時クローズだから、あとたったの3時間でおしまいです( ; ; )
あっという間すぎてわけわからん。。。夢か?夢だったのか?あしたからいったいどうやって生きていけばいいのか。。。

千葉の車窓から

個展、のこすとこ2日。アートラボトーキョーのオープン時間は15時なのだけど、間違えて早く来てしまう方が続出しているもよう。暑いのにすみません。

後半戦は、わたしは毎日実家からギャラリーへと通勤しています。

昼間の車窓にはイエローグリーンライトの稲穂の波。千葉は亜熱帯なので、お盆過ぎたらもう稲刈り。

夜の京葉線、高架上を飛ぶみたいに走っていると、空が広くて、お月さんは遠い。
スカイツリーさえも、地面に張り付いているちっちゃなデコボコだ。
電車の車内灯、消してくれないかなあ。そしたらもっとよくお月さんが見えるのに。。。お月さんは本当にいいなあ。

90年の時間

おばあちゃんは90歳で老衰で亡くなったので、悲しみというよりは「90年の時間」が目の前に安らかに横たわっているのだなあ、、、という感動があった。
納棺師の方々の仕事ぶりもすばらしかった。