トルネード! 21人のキリヌキイラストレーション展

さて!27日から、両国・アートトレイスギャラリーで、グループ展「トルネード!」がはじまります。
イラストレーションの大先輩、大鹿智子さん、吉田稔美さんと3人で企画して、1年近く前から準備してきました。わたしたち3人を入れて全部で21人のイラストレーターが集合する展示です。

***

トルネード! 21人のキリヌキイラストレーション展

お話たちが集まって、あっちこっち行ったり来たり。
ちぐはぐな会話で、笑ったり怒ったり。
大きな竜巻やってきて、吹き飛ぶマゼコゼイラストレーション!
さて、それからどうなったのか、一瞬の幻、それは見てのお楽しみ。

古今東西、お話の登場者のカタチを切り抜いた、
数百点ものイラストレーションによるダイナミックな空間が出現します。

2012. 4/27(fri.)~5/8(tue.)12:00 ~ 19:00
※5/2(wed.)休み 5/4(fri.)は21:00まで、最終日5/8(tue.)は17:00まで
Opening party 4/27(fri.)18:00~

【出展作家】
スズキコージ さとうなおゆき 篠崎三朗 橋本孝久 きのとりこ 大畑いくの  つじむらあゆこ 門坂朋 瀬知エリカ まつもと俊介 田島直人 山下以登 相澤泉水 川原桂子 滝澤文子 古屋亜見子 北村ケンジ  山鹿かおり 大鹿智子 吉田稔美 岩清水さやか(順不同)

【イベント】
お話たちが動き出す!ペープサート
5/6(sun.)14:00~、 17:00~  2回上演、無料

昔々、赤ずきんちゃんと白雪姫が森で迷ったら、
ヘンデルとグレーテルに出会ってお菓子をたくさんもらったよ。
それ、ほんとう?ふしぎなシャッフルシアター。
展示された登場者たちを紙人形にして、作家たちが上演します。
※ペープサート(=ペーパーシアターからの和製英語)

企画・実行委員 大鹿智子 吉田稔美 岩清水さやか
オフィシャルサイト

***

シェイプド・イラストレーションということで、人物や建物などのフォルムを切り抜き、四角い紙やキャンバスから飛び出したたくさんのイラストレーションをギャラリーの壁中に、豪快にまき散らしたい!というのが企画のきっかけで、同時に、各作家がそれぞれ自分の好きな物語を選んで制作して、そのいろんな物語もマゼコゼにしてしまおうというコンセプトです。

わたしは、怪談のお仕事が多いので、この機会にちゃんと勉強してみようかと、ラフカディオ・ハーンの「怪談」などから数編、不思議な物語を選びました。
「むじな」「耳なし芳一」「雪女」「ろくろ首」といった有名なお話と、「安芸之介の夢」「鮫人の恩返し」がごちゃまぜになってます。
でも、怖いというよりはちょっとコミカルな感じ、、、かな?

イラストレーションというのは、出版などのメディアのために描くものなので、ギャラリーで額などに入れて展示するのには、根本的に矛盾があります。
グラフィック・デザインの素材として、背景なしの絵を描くことは多いのですが、あまりそういう絵を展示することはありません。
なので、ちょっとかわった面白い展示になると思います。

会期中には、展示作品を使った人形劇も企画しています。そちらも乞うご期待!です。

妖怪物産の山

物産展、大好評につき、会期延長だそうです。29日まで!

アートガレーカグラザカの妖怪物産展に行きました。
ここにははじめて行ったのですが、ギャラリーカフェという感じではなく、カフェの奥にかなり広い展示室が独立したつくりになっていました。
で、その広いスペースに、たくさん妖怪関係の品々がそろっていて、おそろしく凝ったものばかりで、あそびごころ満載で、圧倒されました。

しかも日本物怪観光・天野行雄さんがひとつひとつ愛情込めて説明してくださったので、ほんとに見応えがあって、面白かったです。

わたしの場合、妖怪を描こうとするとなんか笑える感じになってしまって、どうも怖く描けないんですよねー。。。という悩み(笑)をご相談してみたら、妖怪というのは、そういうものだからそれでいいと言われました。そうか!!

つまり、怪談と妖怪のちがいは、(なんか台所で怪奇現象が起こった場合)
→理由がわからない→なにこれタタリ?怨念?こわすぎる!!(怪談)
→お皿が化けて出てわるさした→こわいけどちょっと安心!!(妖怪)
ということだそうです。

悪いことがあっても、妖怪のせいだと思えば怖がりすぎずに前向きな思考ができると。
そうか、、、これトークライブで怪談作家さん方がお話ししてくださった、原因を追及しすぎないで、読者にゆだねるというやり方のまさに逆方向なんだなあ。

なるほどなるほど。。。
でも天野さんの描く妖怪の絵はかなり怖いんですけどね。。。

怪しくゆかいな妖怪穴

怪しくゆかいな妖怪穴

    • 作者: 村上 健司,宇田川 新聞,天野 行雄
    • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
    • 発売日: 2011/12/22
  • メディア: 単行本

イラストレーターズ通信vol.11 選抜展

きょうからはじまる『イラストレーターズ通信vol.11 選抜展』に出展します。
外苑前のギャラリー・ダズルさんで、22日までです。

わたしは「あの子の木のおうち」という絵を出品しています。
この絵、自分ではかなり気に入ってるんだけど。。。いつもお仕事で描いてる絵とはちょっと違うから、どうなのかなあー。

2012年4月17日(火)~4月22日(日)、12時から19時。最終日は17時まで。
オープニングパーティー 17日(火) 18~20時

【参加作家】沙天、尾崎千春、田口ヒロミ、Honda shinichi、オオタヒロコ、カミグチヤヨイ、カトウミナエ、水野朋子、naggy、山口尚美、ryuku、竹熊ゴオル、古屋智子、やぎともこ、カモ、カガワカオリ、ハマダミノル、フジイカクホ、みやよしえ、加藤木麻莉、岩清水さやか、宮城毅、金子正美、金沢和寛、江頭路子、坂本直子、三浦宏一郎、室 ゆうこ、楯川友佳子、星野勝之、斉藤高志、村上 朋子、ムラタユキトシ、谷口綾、長田恵子、井上文香、龍神貴之、齋藤州一、suzukie、はしあさこ、もりあやこ、森流一郎(順不同)

パーティーに顔を出したら、ものすごい人数が集まってギャラリーのお部屋にみちみちに詰まっていて、酸素が薄まってたいへんなことになってました。
はじめてお会いする方が多かった。。。作品も多くて壁にぎっしりみっちり飾られてましたよ。

はるは化けもの

明日14日から、アートガレーカグラザカというギャラリーカフェで、はるは化けもの 「諸国お化け物産会 弐」という展示がはじまります。
そこで、日本じゅうのおばけや妖怪関係の品々といっしょに、「怪異伝説ダレカラキイタ?」シリーズの本の販売と、挿絵のパネルの展示をしていただけることになりました。(パネルは、去年の個展のときに展示したのと同じものです)

怪ダレにはそんなにおばけとか妖怪とか出ないんだけど、いいのかなあー。ってかお化け物産ってなに。妖怪推進委員会ってなんなの(笑)
興味のあるかたは、神楽坂へGO! わたしものぞきにいくつもり。

主催:全日本妖怪推進委員会
会期:2012年4月14日(土)~22日(日)
時間:10:00~19:00 ※最終日4月22(日)は17:00まで

赤坂商店/アマヤギ堂/今井美保/岩清水さやか/生方工房/お化け大学校/お化けと生活舎/加藤正/東雲騎人/白井陶器製作所/俵屋/日本物怪観光/真柴順/まねき屋/もののけ本舗/やまのん/山城・大歩危妖怪村/妖怪舎/遊彩工房/よしながこうたく/渡辺亮

企画・構成:日本物怪観光・フォルスタッフ

怪ダレの新刊ももうすぐ出るよー!

むこうがわ行きの切符

去年挿絵とカバー画を担当した児童書『むこうがわ行きの切符』で、著者の小浜ユリさんが椋鳩十児童文学賞を受賞されたそうです。おめでとうございます!!

ほんとにいい本なので、これでたくさんの小学生が読んでくれたらいいなあ。
日本中の小学校の教室の後ろの棚に置いておいてほしい本です。
ちょっと心に悩みごとがある子どもが、いつでも手に取れるように。

ちなみにこの表紙は、山手線と埼京線と中央線と総武線が交差してる、新宿のつもり。タカシマヤもあるでしょほら。

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)

むこうがわ行きの切符 (ノベルズ・エクスプレス)

    • 作者: 小浜ユリ
    • 出版社/メーカー: ポプラ社
    • 発売日: 2011/09/10
  • メディア: 単行本

花見展2

日本橋のアートラボトーキョーで、グループ展に参加しました。
何年か前にもグループ展に参加させていただいたことのある、銀座芸術研究所が移転してできた、現代美術のギャラリーです。

このギャラリーの入ったビルは、日本橋でいちばんの桜の名所の通りにあって、展示室の窓がちょうど桜の花が咲いているのと同じ高さなので、ほんとに見事です。そしてこの展示中は花の見頃、まさにぴったりでした。
それで、桜の絵をみんなで描いたわけですが、、、。

桜は本当に難しいです。どうにもつかみどころがなくて。夢っぽすぎて。
でもそれぞれにいろんな表現があって、、、というか、いろいろすぎて、まったく、絵描きの人って何考えてるんだかよくわからないなあと思いました。

こんど、7月に、ここのギャラリーで個展をすることになってます。去年5年ぶりに個展をやったばかりなんですけども。
こないだ展示した、あのでかいのを、もう一度、練り直して展示します。なにしろ全体が塗り上がったところで終わっちゃったから。。。
もちろん新作も描く予定です。

***

『花見展2』
4月3日(火)~4月7日(土) 15:00~20:00(最終日18:00まで)
オープニング・パーティー4月3日(火)16:00~

【参加作家】伊藤典子、岩清水さやか、河野さおり、菅間圭子、近藤智美、坂本友由、桜井貴、撫子凛、ハギハラトシサト、樋口裕子、本田千昭、前沢かおる、みさ子、森下泰輔、夢島スイ

お わ っ た !

で き た ! お わ っ た ! 怪ダレ7巻。

しかし肩がヤバい。整形外科でレントゲン撮ってもらったけど、どこも悪くないらしい。でも痛いんだけどな~。ま、四十肩ではないと力強く断言してもらったので、よかった。よけいな被爆しちゃった。

帰り道、近所の葬儀屋さんの入り口に、「兵馬俑 展示中」って看板が出てて、ちょっと気になる。

昨日の夜、空に浮かぶ満月のような白くて丸いものを眺めていたら、それがだんだん大きくなりながらこっちに迫ってきて、もはやこれまでか!と覚悟したとこで目が覚めた。

LIVE 音楽と朗読

星舟庭の、2012年最初のライブがありました。
西荻窪にある、なにもかもがおしゃれな雑貨屋さん「FALL」にて。
ここで大鹿さんが個展をされていて、窓ぎわやら天井やらテーブルの上やらあちこちにちっちゃな女の子がふわふわしてるなかで演奏しました。

今回はやはり大鹿さんの詩の朗読を中心に、ひそやかな感じの曲が多かったです。あまり広くない場所ですがたくさんの方においでいただいて、驚きました。
それというのも特別ゲストの大谷能生さん&良憲一さんのおかげでしょう。
今回はサックスとベースの演奏。なんか吹きながらしゃべってた!

。。。なんともおしゃれで楽しい夜になりました。
大谷さんに、星舟庭の「小さい音が良かった」と言っていただきました。むりやりw
良さんの年季の入ったコントラバスを触らせてもらったのもうれしかったなー。

星舟庭の新サイトもできましたよ。大鹿さんのデザインです。

頭が悪い

わたしは正しい人間ではなく、いい人間でも、優しい人間でもない。ということを忘れられないし忘れようとも思わない。世界で起きていることはなにもよくわからないし、人の気持ちもよくわからない。ただなんだか不思議で怖い。

3.11の後、頭が悪くなって、うまく言葉が出てこなくなったように感じていたけど、ほんとはそうじゃなく、頭が悪いのはもっとずっと前からのことだった。

メトロにのって打ち上げ

CREAさんで、ぜんぶで51回だから4年以上も、長い間続いていた、酒井順子さんのエッセイ「メトロにのって」が終わることになり、恵比寿のベトナム料理屋さんでの打ち上げによんでいただきました。

そのお店がまた、いかにもOLが女子会をやりそうな雰囲気のところで、実際にお客さんも女性ばっかりだったので、酒井さんも編集さんたちも興味しんしんで女子たちをウオッチングしてました。わはは。

それにしても、地下鉄がテーマで、こんなに長く連載が続くとはすごいです。
わたしもいろんな絵を描いたなあー。
毎回挿絵を描きながら面白そうな場所をいろいろ覚えました。
わたしは取材に行く時間がないので、だいたい資料を見ながら描くんだけど、個人的に遊びに行ってみたところもあります(ていぱーくとか)。
楽しいお仕事でした。どうもありがとうございました。
そしてなんとゴージャスな花束と、マグをプレゼントしていただきました!マグの柄は東京の地下鉄マップというこだわりよう。。。さすがCREA。。。

室内キャンプ

きょうは、撫子凛さんの個展見てきました。ペインティングも迫力あったけど、出力の絵もまさに現代浮世絵で素敵でした。
それから、詩人の大崎清夏さんのオールナイトのイベント「室内キャンプ」へ。。。毛布持参で。

雪猫

この冷たい雨の中、道ばたに白い猫がうずくまっている。と思ったら、解け残った雪だった。
儚い…けど、しぶといなあとも思ったよ。

天国とミルク

下北沢・現代ハイツに行き、内山ユニコさんの個展「天国とミルク」見てきました。絵の中の人物と人物とのあいだの空気感が絶妙。個展のタイトルの由来をお聞きしたかったな。。。
わたしも一日一絵やってみたくなってきた(影響うけまくりw)

オルガン&サキソフォン

きょうは、原田さんのオルガンと、サキソフォンの蓼沼雅紀さんとのコンサート@神奈川県民ホールへ。素直で心地よい演奏でした。お二方と食堂でお話もできて、すごく楽しかった。
終演後、楽屋裏にいたら、係の方にオルガンを近くで見せてもらえた。
それから原田さんと中華街に行って、民族楽器を物色するなど。
原田さんが、わけのわからんでかい笛みたいなやつを吹いたら、ちゃんと音がでた。さすが!