カテゴリー別アーカイブ: 美術展めぐり

メキシコ20世紀絵画展

梅雨が明けて、真っ昼間の砧公園は、緑がギラギラ。
きょうは占い師Sさんと、世田谷美術館「メキシコ20世紀絵画展」に行った。

フリーダ・カーロの「メダリオンをつけた自画像」が目玉。
小さい絵なのに、これが一番最初にぽつんと1点だけで展示されていた。
確かにほかの画家たちとは明らかに違う、なにか超越した感じがあった。

わたしのお目当ては、フリーダの夫、ディエゴ・リベラの「夜の風景」。
本物を見られるとは。絵の前でじーーーーーっと立ち尽くしてしまった。

昔、実家にあった美術書でよく眺めていて、すごく印象に残ってたのだけど、題名も、画家の名前も、描いたのがメキシコ人だということも知らなかった。
で、この展覧会のチラシに「夜の風景」の写真が載ってたのを見たときは、ええっ、これ描いたのってディエゴ・リベラだったのか!と、ヘレンケラーがウォーターと言った瞬間のように驚いてしまった。
リベラのほかの絵はMOMAとかで見たことあったのになー。

ほかは、メキシコ革命を描いた絵とか、力強いけど暗い絵ばかりで気が滅入った。そういえば昨日見たエリザベートの夫、フランツヨーゼフ1世の弟は、19世紀に銃殺されたメキシコ皇帝、マクシミリアン1世だったな。不幸だ。。。

ホセ・グァダルーペ・ポサダのイラストを集めた展示も面白かった。悪趣味なゴシップ記事とかに添えられた、なにやら不穏な挿絵。
素朴というのは違うけど、洗練されているわけでもなく、ただ凄みがある。モチーフは骸骨が多くて、これが人々に大人気だったそう。

かの地では生け贄の髑髏を祭壇に供えるというから自然に受け入れられるのかも。
日本の「新聞錦絵」の、いわゆる「血みどろ絵」を思い出した。
でも血みどろ絵ほど凄惨な雰囲気ではなく、もっとからりとしていたけど。
これがメキシコ絵画に影響を与えたのだそうだ。ふーん。

それからSさんと、夜までえんえんとおしゃべり。カウンセリングの勉強もしているとのことで、さすがの聞き上手。
いろいろ話してるうちに、次にやりたいこととかが、少し明確になった気がする。

アートフェアはしご

夕方になってから、アートフェア東京(東京国際フォーラム)の見物へ。
2~30分くらいでさっくり見終わってしまったので、急いで秋葉原に移動して、101TOKYO(アキバ・スクエア)に、クローズ時間15分前くらいに駆け込んだ。
わたしは101TOKYOのほうが面白かったな。目的が明確で。もしわたしがバイヤーならこっちで買うと思う。なんとなく雰囲気的に。
でもそれよりこないだ見た美大の卒展のほうが面白かったような…。

それからオープンしたての「エチカ池袋」へ。いちおう挿絵の取材。池袋にはなじみがなく、大阪と同程度の土地勘しかないので、少し迷った。*

ペンタブ導入して、絵を描くのは確かに速くなったのだけど、東京に戻ってからというものわたしのほうが腑抜け気味。

明日からはビッとしよう。。。

第2回初台現代音楽祭~現代アートとノイズの夕べ~

「第2回初台現代音楽祭~現代アートとノイズの夕べ~」(初台The DOORS)に行った。
銀座芸術研究所の森下泰輔さんと、灰野敬二さんのノイズミュージックのライブと、60年代の伝説のハプニング軍団「ゼロ次元」の復活パフォーマンス。
先日展示でご一緒させていただいた管間圭子さんのインスタレーションなどもあり。

ノイズの演奏は、ものすごい爆音が永久に続きそうな感じがしていたので、終わったときはびっくりした。よくわからないがバイオリズムがはまるといいのかも。

ハプニングのほうは、裸の人たちと、コスプレの人たちのコラボによるパフォーマンスと、総帥・加藤好弘さんによるアジテーション。どアングラ。。。
わたしなどはうかうかと遊びに行ったのだが、知らないうちに、その場に「結集」したことになってしまったようだった。

小劇場演劇とかときどき見るからそんなに違和感は感じなかったけど、パロディでやってるんじゃなく、真剣なところがすごい。
アートとは時代の流れに乗ることなんだとか、「女性崇拝」とか、よくわからない点やつっこみどころはたくさんあるが、やむにやまれずやってるんだったら、とやかく言ってもしょうがない。

いまだに学生運動の時代の空気や、西欧文明や大阪万博に対する怒りや、岡本太郎と太陽の塔に対する愛憎を、新鮮に持ちつづけているのは恐ろしいことだと思った。
何十年経とうが、ひとりの人間の中では、過去が過去にならないこともあるのだ。

60年代にハプニングをやることが、どの程度衝撃的だったか今となっては想像もつかないし、彼らの活動が一般的にどう受けとめられたかは知る由もないけれど、なんでもありの現代でさえ、たしかに裸の人間が並んでいるのはショッキングではある。

ただ、裸のパフォーマンスはどうもエログロ系で似たようなものになりがちな気がする。
それだけああいうのが好きな人が多いのかしれないが、実は裸ってすごく難しいのでは。
若手のダンサーとかでも白塗り系の人っていまだにいるし、いつの時代も、ハダカになってステージで踊りたがる人って、一定の数いるみたいだ。(そういう人って単純に身体に自信があるんだろうなと思うんだけど。実際きれいだし)

そういえば昔、前川さんと二人芝居をした元ハイレグジーザスの山田伊久磨さんが、舞台で裸になってるときは頭の中がすごくクリアになると言っていたなあ。

今日の舞台に乗ってた人全員が大阪万博に反対しているとはとても思えない。
もちろんはっきり意志を持って参加する人もいるのだろうけど、人数が増えていくと、コスプレしたり脱いだりして集まって何かしたい、でも何をしていいかわからない人が、強い怒りやその他の感情を持った人の周りに結集してしまうような気がして怖い。

それにしても、そもそもハプニングというアート的な発想と、政治思想って、本質的には全く別のことだと思うんだけどな。

しかしわたしの絵もときどきガロ系っぽいとか言われるしなあ、こういう場に出くわすってことは、なんか一脈通じるとこあるんだろうか…。

タイム・クレヴァス

きょうは横浜トリエンナーレに行ってきた。
大学の先輩が出展されてたので(すごいなあ)。

全体のテーマが「タイム・クレヴァス」ということで、時間や、歴史の表現として、映像、光、音を使ったもの、それにパフォーミングアートが中心だった。
わたしには時間を連続的に把握することが非常に困難なので、映像を見るといつも戸惑ってしまうのだが。。。すごく面白かった。

ああ、見つめるだけじゃだめだなと思った。
いったいなにを見つめているのか、わからないまでも探ろうとしなくては。(もしこれから行かれる方は、有料の音声ガイドを借りたほうがいいです。音声ガイドがないと成立してない作品があったので。)

夜は、前川プロジェクトの初顔合わせ。
赤坂の「やさい村 大地」で。サムギョプサルってはじめて食べた。みたことない野菜が山盛りで、おいしかった。
だらだらしゃべるだけなのかな~と思ってたら、なんか話がどんどん進んでいって驚いた。
おー、プロジェクトって感じ!(いつもひとりで仕事してるから新鮮~)

さ、明日からは、しばらくひきこもるよ!

ダニ・カラヴァン展

きょうは世田谷美術館「ダニ・カラヴァン展」に行った。

まず入り口の梯子とお米のインスタレーションにびっくり。
次の、背景に砧公園が広々と見える部屋のインスタレーションも清々しかった。あの展示室に、あんなすてきな窓があったんだなあ。

他は設計図や模型や映像での紹介だった。
作品の性質上仕方ないけど、もっと大きいやつを観たかったな。(わたしは映像による展示を見るのはどうにも苦手なのだ。)

それにしてもあの大がかりな環境彫刻を作る人が、なんと挿絵描きからスタートしたっていうんだからすごいよなあ。(そりゃあ確かにいきなりあんな大きなものを作れるわけないけど。)
ダンスなどの舞台装置もたくさん手がけたのに、結局、舞台は後に残らないから彫刻の道にすすんだというのには共感できる。

あれだけ変化しているのに、初期から現在まではっきり一貫したものがあった。
初期のイラストも良かったが、彫刻と同じ風景の、海のコラージュが良かったなあ。
彫刻を先に作ったのか、コラージュが先だったのか。

頭の中にある夢みたいな風景を、紙に写すだけじゃなくて、建築みたいに実用性があるわけじゃないのに、実際に作っちゃうなんてすごすぎる。スケールの大きさに脱帽。

こういうのが千年後くらいには謎の古代遺跡になるんだろうか。
「平和」みたいに大きなテーマを持つと作品スケールも大きくなるのかも。

常設展の「アウトサイダー・アートの作家たち/大地の歌を描く人々」も面白かった。障害を持った作家たちの作品展(どういう障害なのかわからなかったが)。
じつはこっちのほうがわたしにはヒントになる感じだった。すごい自由さに参ってしまった。

キャンバス地を木枠に張らずに描いたり、油性ペンで描きなぐってあったり。
わたしもふだん下絵はマジックで描いてるので、かなり刺激的な展示だった。

アヴァンギャルド・チャイナ

アヴァンギャルド・チャイナ―〈中国当代美術〉二十年―展(国立新美術館)に行った。
中国は、他の国々でモダニズムが終わった後に、一気に現代美術に触れたっていうんだから面白い。

「表現の自由を回復する有効な手立て」としての現代美術。そうかあ、そういうものかあー。
やはりモダンというよりアヴァンギャルドという呼び方が合っている。前衛というか、アングラというか、すごく攻撃的。

作品からは切実なエネルギーを感じたが、全体的にかなり暗いエネルギーだった。
他の国々のアヴァンギャルドに比べても「お洒落さ」が抜けてると思う。
でも、政治的だったり、社会的だったり、明確な敵が存在していて、芸術運動の集会の資料とか見ても、なんだかむやみに臨場感があった。
外国人からみても、作者の感情や動機や、やむにやまれぬ衝動がありありとわかる。言葉に変換してああだこうだと言いやすいし、批評されやすいと思う。

政治とか経済とか戦争とかが歴史のメインストリームなのだろうが、美術は、それとは別の流れで(もちろん政治とまったく切りはなすことはできないが)、批評的に、世界なり時代なりを俯瞰するためのきっかけとして利用されているのだ。
それはそれで面白いけど、美術は本来個人的なことのはずなので、とても不思議だ。
個人的でも、世界に開かれてるものと開かれてないものとがあるということか。

最近の中国美術は、政治的なテーマから離れる傾向にあるようだけど、逆に言うとちょっと前までは芸術家も政治のことで頭がいっぱいだったんだな。

今、中国の政治家は美術をバックアップしてるらしい。政治経済だけでなく、文化が認められなければ一流の国になれないからだそうだ。
中国の作家は国のために絵を描くという意識を持って活動しているのだろうか。
売れる作品は人を集めて大量生産したりもするそうなのだが、そういう姿勢は社会主義と関係あるのだろうか。それとももっと昔からそういう傾向があるのだろうか。

エミリー・ウングワレー展

今日が最終日なのであわてて新国立美術館に見に行く。わたしはこういう絵はとても好き。生命力、エネルギーのあるものに人は引きつけられる。エネルギーは、思いの強さで、思いの強さは、内的必然性の強さだ。
たぶん西洋哲学なんか知らないアボリジニーのおばあさんがあんなものを作ったんだから、そりゃあ美術界が騒然となったというのも当然だろう。

でも最初にキャンバスに描いた作品からいきなり注目を集めたなんてちょっと不思議だ。
単純に、だれか仕掛けた人がいるということだろうと思う。砂漠の真ん中に住む80歳のおばあさんに特大のキャンバスと制作スペースを与えた人が。
ちゃんと応えたエミリー・ウングワレーもすごいなあと思うけど。
説明文にはアボリジニーのための教育プログラムとしか書いてなかったが、そこのとこをもっと突っ込んで説明して欲しかったな。(それにしても制作点数が3千点から4千点って。千点も差があるのはなぜ。)

そのあと、単行本の挿絵の打ち合わせ。
最初は、このテーマにわたしの絵でいいんだろうか…なんて思っていたのだが、編集さんがものすごく熱心で、うまく乗せられた感じ。これは、いい前兆かも。

芸術ざんまい

今日は、大鹿さんたちと、初台の東京オペラシティに、原田さんのパイプオルガンのコンサートを聴きに行った。
コンサートホールは、ピラミッドの内側にいるみたいな、不思議な空間。
ジュアン・アラン「架空庭園」、デュリュフレ「アランの名による前奏曲とフーガ」など、わたしははじめて聴く曲ばかりだったが、どれもすばらしくて、魔法にかけられたみたいな気分になった。
演奏中の手足の動きがスクリーンに映し出されるのを見るのも楽しかったが、目を閉じてウトウトと聴いていたい気持ちもあって、悩んでしまった。

それから、大鹿さんと、建築家の野上さんと3人で、六本木の森美術館の「英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展」を見に行った。
じつはわたしは森美術館ははじめて(なんでだかずっとタイミングをはずしてたのだ)。
とても面白かったけど、企画の性質上、作家ひとりあたりの作品数が少ないので、なんとなく食い足りなさが残った。もっとたくさん見たかったなあ。
わたしはカプーアの作品が好きで、思わずぐっと近寄りすぎて注意されてしまった。
六本木ヒルズの展望台から見た東京のパノラマは、まるでグーグルアースみたいだった。

解散したあと、ひとりで国立新美術館「モディリアーニ展」を見に行った。
じつは国立新美術館もはじめてなのだった(なんでだか)。

モディリアーニって、ゴッホやルノワールくらいの人気があるのかと思ってたが、そうでもないんだな…。けっこうすいていたし、全体にうす暗い雰囲気で、GWがあったせいかもしれないけど展示スペースの広さと作品数のバランスがへんだった。

それにしても、モディリアーニの人物の目の描き方は、ほんとに面白い。
目玉の色素が薄い人って、たしかにあんなふうな感じに見えるもの。
わたしの絵があんななのは、描いてる人物の目玉がいつも黒だという偶然のせいでもある。関係ないけど棟方志功の絵ってゴッホっていうよりモディリアーニに似てるなあと思った。
国立新美術館、5月末からの「エミリー・ウングワレー展」も面白そう。また見に来よっと。

上野ぐるぐる

今日は、あきさんと、国立西洋美術館「ウルビーノのヴィーナス」展を見に行った。
待ち合わせの時間より早く上野についたので、国際子ども図書館をのぞいてみた。
「チェコへの扉 子どもの本の世界」という展示をしていた。
いろいろ素敵なのがあったが、しかけ絵本にとくに興味を持った。でも、どれもガラスケースの中に並べられていたので残念。やっぱり絵本は手に取ってみないとなんだかよくわからない。

ヴィーナス展は、ギリシャ時代からのいろんなヴィーナス像をあつめた展示。
「みんなおしりがキレイだねー」と感心しながらみてまわった。
ヴィーナスはたいてい横たわってるのだけど、その向きによる印象の違いが面白かった。頭が左になってるほうが誘惑してる感じがする。お魚をお皿に並べるのと同じ向きだ。

「ウルビーノのヴィーナス」は、やっぱり魅力的。。。ぴちぴちだ。。。
モデルの人もきれいだったのだろうけど、絵だからこそこんなに印象的なのだ。
新婚さんの寝室にかけた絵らしいけど、これはちょっと魅力的すぎないか???

国立西洋美術館の常設展示は大好きだ。
コルビュジエの建築もすばらしいのだけど、いまは改修中なのか、渡り廊下から先には入れず、わたしがいちばん好きなボナールの絵がなかった。でもいつもと違う階段から降りられて面白かった。

それから、上野公園周辺で、あきさんに写真の取り方をレクチャーしていただいた。あきさんは、ながらくウォール街でバリバリ働いたあと、日本に帰国してからは、金融関係の翻訳業と並行して「オレンジページ」などで写真のお仕事もされている。
なにを選び、どう切り取るかの瞬間的な判断など、わかりやすく説明していただいた。
レンズを通すと、ちがったものの見方があることに気づくことが出来てとても新鮮。

それにしても、わたしが撮った写真は、作品というより資料という感じになる。同じカメラで同じものをあきさんが撮った写真とくらべると、なんか、平面的なのだ。
写真の善し悪しはわからないが、自分でも撮ってみると、鑑賞するところがかわるなあ。

すぐにそれをなにかに取り入れようとかいうことではないけど、とても面白かった。

長い一日

今日はまず「ザ・チョイス大賞展」(伊東屋ギャラリー)を見に行った。
すでに活躍されてる方も多かった。みなさんとてもすばらしく、ちょっと動揺。
銀座まで行ったので、STAGE 1ギャラリーに寄りたいところだったけど、どうしても、今日は千葉市美術館に行きたかったので、そのまま千葉へ。

千葉市美術館でいまやってる展示は、「日本の版画 1941-1950「日本の版画」とは何か」と、「芳年・芳幾の錦絵新聞 東京日々新聞・郵便報知新聞全作品」
ふるえが来るような絶妙な組み合わせ。見る前からワクワク。
日本の版画展は約10年前から1~2年おきにやっていた展示で、今回が最終回。
わたしは1回目は見てないんだけど(すっっっごく残念)、ほんとにいい展示だった。

今回は戦時中の版画が中心で、ちょっと地味だった。戦争中の作品は、極論すればすべて戦争をテーマにしている、というようなことが説明文に書いてあった。
そうだよなあ、目の前にあるわけのわからないものを描かずにいられるわけがない。
花一つ描くにしたって、戦争の影響はあっただろう。戦争に協力するとかなんとかいう次元ではなく。

1944年、45年の作品はほんとに少なくて(展示されたものは、その時期のものを多くあつめていたが)、でもそれでも必死に制作を続けた人もいて、たとえば川上澄生は、1943年に中学校の先生をやめて、戦争が一番大変だった時期に、絵本を作っていたという、なんだかほんとに鬼気迫るものがある。
あとやっぱり、わたしはそんなに好きではないんだけど、棟方志功の作品はすごかった。迫力が違う。リズム感も強烈。ああいう版画、ありそうでほかには全然ない。

錦絵新聞は、明治時代初期、浮世絵(木版の錦絵)から印刷への移行期に、その名のとおり、錦絵で新聞を作ってしまったという、へんてこなもの。
大衆向けに、内容はほとんどがゴシップ(女房が浮気して夫に刺されたとか)だけど、現代の挿絵のルーツとも言えると思うので、とても興味があった。
印刷もまた、版画といえば版画だし…。
落合芳幾の作品の多さと、月岡芳年の作品の人物の描き方、臨場感に圧倒された。

美術館の中に4時間半くらいいた(ほんとはもっといたかった!)。

それから、千葉から引き返してきて、ギャラリーDAZZLEさんの「THE MOVIES 21」展のオープニングに顔を出した。「ようこそ先輩」展でご一緒した、西山亜紀さんが出展されてたので。
人がたくさんでゆっくり見られなかったけど、おしゃれな展示。
そのあと二次会にもお邪魔した。いろいろおしゃべりして、とても楽しかった。

生命のダンス

今日は、国立西洋美術館に「ムンク展」を見に行った。
なんかもう、ビリビリ震えが来た。

わたしは、ムンクは、嫌いだ嫌いだと思ってたけど、やっぱり、好きみたい。というか、マチスよりもゴッホよりも、とにかくムンクが大好きみたい。
ムンクの絵がお部屋に飾ってあったらイヤだけど、でも、好きなものは好き。

展示の前に見たら影響されてしまうと思って、今ごろ見に行ったのだけど、影響された方が良かったかもしれないなあ。
でも、いろいろ描いたあとだから、こんなに心に染み込むのかも。
不安とか、絶望とか、愛とか、全部ひっくるめて、とにかく感情が揺さぶられる絵。
生命力を充填してもらった感じ。
ああ…、なんか…、もっとがんばろう。

帰りに、また画材を物色。油絵もいいなあ~なんて。

リッチで、スマートで、モダンで

またまたあきさんと、世田谷美術館「福原信三と美術と資生堂」展へ。
わたしの大好きな、戦前に活躍した挿絵画家・舞台美術家の小村雪岱は、初期の資生堂意匠部に籍を置いていたので、あの歌舞伎「一本刀土俵入り」の舞台装置図などが展示されていた。
それに山名文夫のイラスト原画がたくさん。もー、よだれでそうだった。
山名文夫も大好きで、学生のころはよくマネして描いてたものだ。
他、おびただしい数の香水ビン、ポスター、資生堂ギャラリーのコレクションなど。
常設展では、長谷川潔の版画も展示されていた。今日はすばらしい秋晴れで、砧公園も気持ちよかった。そのあと渋谷の隠れ家的居酒屋で軽く飲む。
あきさんが連れてってくれるお店はいつもとってもおいしいのだ。

長谷川潔展

今日は、伊丹市立美術館「長谷川潔展」に行った。
たぶん、横浜美術館でやっていた展示の巡回なんじゃないかな?
長谷川潔の銅版画は大好きなので行きたかったのだけど、横浜は、遠くてね~、なんて。でも見られてよかった。すばらしかった。
係の方も親切で、閉館時間すぎてもゆっくり見させていただいた。

舞台芸術の世界展

東京都庭園美術館「舞台芸術の世界 ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン」展に行った。
レオン・バクストの衣装デザイン画、それに、ジョルジュ・バルビエのリトグラフ。
うーん、素敵。もー、大好き。
舞台デザインの絵もたくさん。アバンギャルドで、もう自由自在だ。

数年前、高円寺の明石スタジオでやった芝居「ネクスト・アパートメント」の舞台装置をデザインしたときのことを思い出す。
あれは、会社をやめてすぐのころで、会社員時代(たった2年間だけど)に固くなった頭をまだひきずっていた。
今ごろになって反省したりして。

暑さ対策

あんまり暑いので、この太陽エネルギーを有効活用すべく、サン・ティー(日光を利用した水出し紅茶)を作ったりしている。
おしゃれと貧乏のせめぎあいのような飲みものだけど、お日さまのおかげさまで(へんないいかた)、苦みがなくて飲みやすい。

***

で、夕方を待って、冷房は苦手なので厚着して、東京オペラシティアートギャラリー「メルティング・ポイント展」に出かけた。
ジム・ランビー、渋谷清道、エルネスト・ネトの3人の作家のインスタレーション。
ああ面白かった。すいててのんびりできたし。でももっとたくさん見たかったな。
エルネスト・ネトは今、香川県で個展をしているそうだ。見に行きたいなあ~。