カテゴリー別アーカイブ: 美術展めぐり

燕子花図

根津美術館「国宝燕子花図」展。
雨にぬれた日本庭園もしっとりしてすてきだったんだけど、レストランのカレーの匂いがプンプンしていて、ちょっとどうなの。
そのあと表参道の日本料理「欅亭」でランチ。
すいててゆったりしていてお料理もおいしくて満足。

キリコ

大丸ミュージアム『デ・キリコ展』。
説明書きが、理屈っぽい悪文でわけがわからない。
絵について言葉でああだこうだ言うのは好きではない。
でもキリコの絵は大好き。

ゴッホ展

国立近代美術館「ゴッホ展」。朝っぱらから大行列。入館待ち90分って、ここは万博ですか?
ほんとにゴッホって人気あるんだねえ…(特にお年寄りが目立つ)。
でも「夜のカフェテラス」大好きだから人をかき分けては何回も凝視。
皇居のお堀の鯉たちはどんよりと元気なく浮かんでいた。ほとんど動かない。すでに全部鯉ヘルペスに感染してるのだろうか。怖い風景だった。

胃が痛い

ついに、私のところまで韓流の波が来た。
と思ったらその波はまた静かに引いて行った。
つまり、先月韓国の会社から仕事の依頼があったのだが、へたくそな英文メールでのやりとりの末、結局今日お断りした。仕事の依頼を断ったのは初めてだ。胃がいてーよ…。

しかし、何度たずねても会社の住所すら教えてくれないのだから、文化の違いを差し引いてもそりゃないだろうと思った。
まあこんな場合には受験英語も役にたつと分かったことは収穫か…。

気分転換に、東京オペラシティアートギャラリー「森山新宿荒木展」を近所なのでぺたぺた歩いて見に行った。風が少し春っぽいような気がした。
いろいろ考えながら3時間半くらい凝視してたので疲れた。
すごかった。

マッチラベル

たばこと塩の博物館「マッチラベルの世界展」を見に行く。
おびただしい数のラベルで、見るのにすごく時間がかかった。明治時代のラベルが私好みだった。

街は青系の電飾が目立つけれども寒々としていて好きではない。

展覧会はしご

国立西洋美術館「マティス展」&芸大美術館「HANGA東西交流の波」を見に行く。
なまいきにもマティスに触発されてやる気になってしまう私であった。
西洋美術館の常設展示のボナールの絵が大好きなのでついついのんびりしすぎた。
「HANGA…」はゆっくり見られなかったが期待していたほど面白くなかった。

よくばりすぎ

東京都現代美術館「Yes-オノヨーコ展」 ロープでつくった朝日がよかった。
ついでに江戸東京博物館を見た後、打ち合わせに行き、そのまま朝までカラオケしてたら、声がガラガラになってしまった。

田中一村

友人に「田中一村展」のチケットをもらい、大丸ミュージアムに見に行く。
なんでも彼女の親戚の家と一村につながりがあるそうで、それで描いてもらった襖絵が、今回出品されているとのこと。
すごく器用なせいで、かえって苦労した画家という感じがした。