ART GWANGJU18

11/15〜18に、韓国・光州のKDJコンベンションセンターで行われるアートフェア・ART GWANGJU18に、ソウルのギャラリーZeinxenoが出展します。
わたしの作品も展示していただけることになっています。
2016年に描いた花火の絵を展示したいと言われたので、今年描いた花火展の絵と一緒に送りました。今年3月の個展の作品も預けたままなので、それも展示されるかもしれません。

韓国はアートフェアが盛んで、ソウル・釜山・大邱はもちろん、他の主だった都市でも多くのアートフェアが行われています。
光州市も、11/11まで光州ビエンナーレが開催中ですし、アートの盛んな街のようです。人口は約150万人、ということは福岡市や神戸市などと同じくらい。
ART GWANGJU18の公式サイトは英語で検索してもなぜかヒットしなかった(ハングルに翻訳して検索してやっと見つけた)、、、ということはつまり、欧米向けイベントではなく、韓国国内に現代美術を買いたい人が相当数存在しているということなので、うらやましい限りです。

日本のアートフェアというとアートフェア東京とか、あとはよく知らないけど地方のホテルでのフェアがいくつか。アートフェア東京も、古美術や近代美術のギャラリーが多くて(それが特色ではあるのですが)現代美術の比重が低いのはちょっと残念だなあと思います。

わたしも古い作品を見るのは好きだし、古いものを大切にするのは素晴らしいことだし、アーティストが美術史から発想を得ることは非常によくあることです。
でも現代美術というのは、現代を生きることの意味を考えたり、新しいアイデアを面白がったりする知的な遊びなので、古いものの美しさや希少性を尊ぶということとは考え方が180度違います。
まず思い込みや先入観をなくし、脳みそをやわらかくしなければ入っていけない世界なので、慣れていない人は怖さを感じてしまうのかもしれません。
本当に日本人の現代美術アレルギーは強くて、難しいと思い込んでいる人が多いけれど、みんな現代を生きる現代人なんだから、理解できないわけがないです(好みが合う合わないは当然あるけど)。

これだけ多様化している時代、現代美術と一口にいってもありとあらゆるものが星の数ほどあって、うまくマッチングできさえすれば、それぞれの人にフィットした作品が世界のどこかにあるはずだと思います。
でも現代美術は現在進行形のナマモノなので情報を手に入れるのが難しいし、みんな忙しくて、なかなかギャラリーを回って好みの作品を探したりは出来ないからこそ、アートフェアが行われる意味があるのに、その会場の半分が古美術というのは、たいへん厳しい状況だというしかないです。

インフル注射

今年は早めにお医者さんに行ったら、空いていて良かった。
去年はとても混んでいて、待合室でなにかのウイルスをもらいそうで気持ち悪かった。
でもなんだか今回の注射はいつもより痛かった気がする。時間が経ってもずーんと重く、にぶい痛みが続いている。

運動会

姪っ子の運動会の見物。去年も見に行ったので成長がよくわかる。とくにダンス、キレがとても良かった。

いまだに、わたしが子供だった頃と同じ曲を使って体操をしているのには驚いた(アレンジは違うけれど)。
それだけ当時から良いものを与えられていた、ということでもあり、新規参入がいかに難しいかということでもあり。

パパママはビデオ撮影で手一杯なので、甥っ子と遊びながら見ていた。直射日光でものすごく暑く、じりじりと焦げつきそうだったが、たくさん遊べて楽しかった。とくにふみきりごっこがウケた。まわりのシートに座っていた子たちも一緒に遊びたそうにこっちを見ていたけど、わたしはそれでも良かったんだけど、こういう場合どう対応したらいいんだろうなー。

銚子小旅行

ちょこっと銚子に一泊旅行へ。
同じ千葉県内なので、電車も予約などせずに、Suicaで行けて気楽。
銚子駅を降りて駅前広場に出ると、建物が低くて空が広くて明るい印象の町だった。
ここのところずっと天気が良くなかったし、天気予報も二転三転してどうなるかと思っていたが、1日目は見事に晴れて暑すぎるくらいだった。

貸し自転車で漁港や犬吠埼灯台、屏風ヶ浦とひと通り回った。
とくに君ケ浜は絶景だった。もう海水浴客もいなくて海を独占できた。波うちぎわで遊んでいたら、脱ぎ捨てた靴が流されそうになって焦った。
こんな綺麗なところだったら日がな一日でも眺めていたいなあと思った。雨の心配がなければ、もっとのんびり景色を見て回りたかったなあ。。。

泊まった旅館は古かったけど温泉も気持ち良く、魚介類も美味しくて良かった。醤油の産地だけあって、甘さよりも塩っぱさ寄りの味付け。
千葉は素朴でおおらかな土地柄で、ホスピタリティはあまり洗練されてない。観光客向けの施設や文化的な楽しみは少ないし、お土産類も充実しているとは言えない。でもそんなのはもともと期待してなかったし、これだけ景色がきれいなんだから、余計なものはなくていいと思う。

1日目の夜、月にカサがかかっていて、明日は雨かなあと思っていたが、運良く日の出の時間帯は雲が薄くなっていて、太陽が昇ってくるのを見られた。
まんまるなオレンジの太陽が水平線からのぞいて、あっという間に高く上がっていくのを眺めるのは素晴らしかった。快晴じゃないおかげで、光が雲をふちどるのも面白かった。

そのあとは曇ってしまったけど、旅館の前の岩場に降りて、小さな巻貝やイソギンチャクやウチワサボテンを観察したり、近くのひなびた漁村をぶらぶらと散歩したりした。マッチ箱みたいな小さな平屋建ての家々が、まるで貝が波から身を守るように密集していた。
長崎鼻という、海に突き出た地形のところにドラム缶のような煙突のような白い塔が建っていて、なんだろうと近づいていくと、地元の方があれも灯台なんだよと教えてくれた。

ヤマサ醤油の工場に寄って、自分で焼いたおせんべいにいろんなお醤油を塗ったのと、特製の醤油焼きそばとつみれ汁、醤油ソフトクリームを食べて締めた。(醤油ソフトクリームは1日目にも食べた。醤油と知らなければコーヒーみたいな味で、香ばしくて美味しかった)

昼過ぎには雨が降り出した。朝も早起きだったので、無理せずに帰りの電車に乗りこんだ。

上野めぐり

大鹿さんとカラオケ。だいたい年イチのペース。

上野で待ち合わせだったので、久しぶりにアメ横を歩いていった。
そしたらなんだか昔とずいぶん変わっていて、外国人がいっぱいで、お店の雰囲気もエキゾチックというかオリエンタルというか、以前よりさらにカオスになっていた。昔ながらのお刺身を並べてるようなお店もあるんだけど、ひどい臭いだった。
先日、韓国から来たお客さんたちが、アメ横が楽しかったと言っていたので、あちらには南大門とか東大門とか立派な市場があるのに、なんでアメ横?と思っていたのだけど、あの多国籍感がいいのかしら?

(踊るポンポコリンとかヤングマンとか時事ネタを混ぜつつ)さんざん歌ったあと、上野周辺のギャラリーを巡り、谷中のこじゃれたオリーブオイル屋さんを覗き、その隣のこだわりのありそうなパン屋さんでシナモンロールを買って、縁台で一休み。こういう、ここでしか買えないような、凝ったおしゃれなものを売っているお店がぎっしり集中しているのが、東京の東京たるゆえんなのだと思う。

それから西山さんの個展にお邪魔した。会場のHAGISOは古いアパートをリノベーションした素敵な空間で、年季の入った木の柱を撮影して、等倍にプリントしてその柱に貼り付けた作品がとても面白かった。建築関係のトークショーもあった。

帰り道、谷中銀座の商店街を歩いたら、時間が遅かったので人は少なかったけど、こちらにもオリエンタルムードのお店ができていて、こんなふうに東京も変化していくんだなあと思った。

ハラペーニョのピクルス

美味しくできたので覚え書き。

ハラペーニョ 14個
米酢 200cc
塩  小さじ5
ローリエ 1枚

・ハラペーニョは種を取って細切りにし、生のままタッパーに入れる
・米酢と塩をステンレスの小鍋で煮立てて、タッパーに注ぐ
・しばらくしたら上下をかきまぜ、ローリエを入れて蓋をして冷ます

去夏、適当に作ったのをそのまま忘れて1年放置していたのだったが、先日冷蔵庫の奥にあるのを発見して食べてみたらなかなかオツな味になっていた。
で、今夏もハラペーニョをたくさんもらったので、また適当に作ってみた。
翌日食べたらもう美味しくなっていた。ごはんが進んで困る。でも塩はもうちょい控えめでもよかったかも。
ぬか漬けにもしてみたが、ピクルスの方が良かった。
ハラペーニョのピクルスのレシピを検索すると、下ゆでしたり、砂糖を入れたり、スパイスを入れたりと、いろんな方法があるので、たぶんどうやって作っても、そこそこ美味しくなるんだろう。

残った酢も餃子とかに合いそう。

トラブル・サポート

実家の父のパソコンの調子が悪くなった。
しかし父は自力でメンテできないというか、する気がないので(昔は半導体とか作ってた人なのに)、わたしが先週帰省したときにいろいろいじって、どうにか復帰させた。
でも2、3日たったらまたダメになったと連絡があり、再び実家に戻ってパソコンと格闘することになった。

とは言ってもわたしは機械の知識はないし、ずっとMacユーザーで、windowsには慣れていない。だからやっていることはただひたすら自分のノートパソコンで検索しまくって情報を探す→できそうな方法を片っ端から試す、だけではあるのだが。。。も〜大変。
でもこういうタイミングで勉強しないといつまでたっても覚えないので、やるしかない。

しかし結局うまくいかず、近所のヤマダ電機に行って型落ちのお買い得マシンを購入、セットアップまでやった。移すデータは少ないし、使うアプリも少ないけど、なかなかスムーズにはいかず、けっこう時間がかかった。
インストールの待ち時間に、ついでにパソコン周りの掃除や、いらないもの(フロッピーとかCD-Rとか)の整理もしていた。

今までのマシンは東日本大震災直後に買ったもの。当時ヨドバシの店員さんに、全部日本製なのは富士通のものだけですと言われて買った(外国製が嫌というよりは、少しでも日本経済にプラスになればと思った)。その富士通のパソコンも、いまはレノボ傘下になってしまったそうだが、使い慣れているだろうから今度のも富士通のにした。

旧マシンのOSはwindows7で、10には対応していない機種だったので、たしかにもう寿命といえば寿命(もうすぐwindows7のサポートが終わるので、来年には買い替えしなきゃな〜とは思ってた)。
で、遅ればせながら今回初めてwindows10を触って、画面の雰囲気も、使い勝手も、今までとかなり変わっていてびっくりした(windows10への切り替え時のトラブルの噂は聞いていたけれど、たしかにこれは慣れるまで大変だっただろうな)。
Macで言えばクラシックからOSXに変わったときみたいな感じなんだろうか。Macユーザーにとっては少し親しみやすくなったような気もする。

夏の1冊

8/12読売新聞の読書面、書評記事のために描いた挿絵です。
けっこうよく描けたなあと、気に入ってます。
納品したきり、掲載日を忘れていたんだけど、しばらく連絡とってなかった友人から「さやかちゃんの絵だよね」とメールがきた。
やっぱり嬉しいもんだな。さすがは新聞。

隅田川花火

花火大会が台風のせいで一日延期になり、アートラボのパーティの日程も変更になった。

わたしは、毎年恒例になった、綿あめ屋さんを開店。
今年はコツを覚えたのか、けっこう大きめの綿あめを作れるようになった。
しかしおもちゃの綿あめマシンなので、一度コゲつくと、そのあとはなかなかうまくいかなくなる。きれいに作れるのは10個くらいが限界かな。今回は小さい子連れできたお客さんもいて、喜んでもらえて良かった。

それからみんなで両国橋近辺までゾロゾロと移動。そのあとはばらけて、各自、好きな場所で好きなように鑑賞することになった。
きょうは台風一過で空が澄んでいて、そのわりにそれほど暑くはなく、花火鑑賞にはちょうどいいコンディションだった。でも思ったほどの人出はなく(やはり日曜日では厳しいんだろう)、比較的ゆっくりと見ることができた。人ごみに行くのは嫌だなあと思っていたので、とても得した気分だった。
花火も毎年新しい趣向が凝らされている。あれだけたくさん観客がいたらやりがいがあるだろうな、と思った。

猛暑

きょうは、ズンバ教室で踊って汗をかいたあと、へとへとの状況で炎天下を歩いて帰るのは厳しいので、マクドナルドに避難して日が暮れるころまで作業していた。
でも夜になってもまだ暑い。アスファルトが熱すぎる。熱を溜め込まない道路を誰か発明してくれないだろうか。

先週からずっと猛暑が続いていて、かといってべつに食欲は落ちないんだけど、昼間は火を使って料理するのが嫌なので、最近は冷たいだし茶漬けがマイブーム。
基本は、冷やご飯に、冷たい水で割った白だしをぶっかけるだけ。
それだけじゃ栄養バランス悪すぎなので、お豆腐とかトマトのザク切りをのっけてみたりとか、いろいろ試し中。

 

 

夏場の馬鹿力

きょうはhanabi展搬入日。
例によって徹夜でギリギリまで制作していた。
締め切り直前には、火事場の馬鹿力というか、いつもなら絶対ありえない集中力が出る。
本当に没頭しているときは、冬でも体が発熱したようになって寒さを忘れてしまう、ということは経験上わかっていた。
しかし今回、夏でも、暑さを感じなくなってしまうのだと気がついた。
きょうはおそらく今年で一番暑い日で、パレットの上の絵の具も放っておくと一瞬で乾いてしまうほどだった。
温度計つきの時計を使っているので、作業しながらときどき温度を見てはいたのだが、室温が35度を上回ってもぜんぜん平気で、暑いなあとやっと感じたのは37度になったときだった(さすがに体温を超えるとまずいようだ)。
でもほぼそのタイミングで作業が完了したので良かった。
集中していても、わたしの場合は普通にお腹も空くし、喉の渇きも感じるので、その点は心配ないのだが。。。
(もともと集中力は無いほうで、ふだんならこんな暑い時期にはとてもじゃないけど集中できないので、昼間寝て夜中に作業することにしてる)

そうしてできた作品は小さいもの2点で、出来栄えは、、、どうだろう、一応完成はしているんだけど、なんかもっと良くする方法があるような気もするんだよなあ。今はわからないけど。
でも他の作家さんたちのは力作がそろっていて、とても良い展示になった。はじめてご一緒する方もいて、雑談も盛り上がり、楽しかった。

帰り道、スマホの万歩計を見ると「開始から1,150km達成!(東京〜ソウル)という表示が出ていた(3,459はきょうの歩数)。おおお。そんなに歩いたんか。
このスマホに切り替えてからちょうど1年くらいだから、1日あたり3キロ強、歩いた計算になる。本当だろうか。個展の準備期間など、まったく歩いてない日々もたくさんあったのだが。

免許の更新

教習所を卒業してから早20年、一度も運転したことがないので、アクセルとブレーキの位置もとっくの昔に忘れている。配られた教則本を見ても標識の意味なんかほとんど忘れている。でもそんなわたしでも、流れ作業的に無事に免許更新完了。
今回は裸眼で大丈夫だったけど、もしかすると次回はメガネが必要かもしれないなあ。

更新のたび、5年おきに同じフォーマットの写真を撮ることになるので、順番に並べてみると自分がどんどん年を重ねていくのがよくわかる。前回はあごを引きすぎて口元に影ができて不気味な写りになっていたので、今回はちょっとあごをあげて写ろうとしたら、係の人に「あごを引いてください」と言われ、微妙に引いただけでごまかそうとしたら、「じゃあ、前傾姿勢になってください」と言われた。
結果、前回よりはマシな写りになったのでまあ満足。

前回までは都民だったから千葉県で更新したのは初めて。講習は東京だとビデオ中心だった気がするけど、千葉は講義中心だった。
わたしは、もし自分が交通事故を起こした場合、性格的に、その場から逃げだすことはできないだろうけど、救護したりとか救急車呼んだりとかもできないだろうなと思う。イザというときにまったく役立たないタイプなので。
こんなにいろいろ注意しないといけないことがあるのに、無免許で運転しちゃう輩ってほんとに命知らずだよなあ。っていうかなんで無免許なのにアクセルとブレーキの位置とか知ってるんだろう?

真夏のおでんランチ

来日されたパクさんと社長さんは今日夕方の便で帰国されるそうで、その前のランチに同席させていただくことになった。
森下さんたちは、和牛のステーキをご馳走しようと考えていたらしい。しかし、牛肉は韓国でも食べられる。それよりおでんを食べてみたい。という社長さんのリクエストにより、急遽「ギャラリーから遠くなくて、真夏のお昼時(しかも今日は祝日)に営業していて、それなりに高級感のあるおでん屋さん」を昨晩みんなで検索しまくり、やっと浅草の「き介」というお店を見つけた。ところが予約が取れず、わたしが先に行って開店前に並んで席を確保する段取りになった。

浅草駅に降りたつと、まわりはもう外国人観光客でいっぱいだった。こんな真夏におでん屋に並ぶ人なんていないだろうと思いながら、12時の開店時間の15分くらい前にお店の前に着くと、先客が中に入っていくところだった。急いでお店に入ると、1テーブルだけ空いていて、どうにか席を確保することができた。おでん以外の食べ物もいろいろあったが、とにかくおでんが食べたいということだったので、おでんづくしで注文した。
で、食べてびっくり。おでんって真冬にコンビニで買ったり、居酒屋で一品頼んだりというイメージだったけど、ここのはめちゃくちゃ洗練されたハイレベルなおでんだった。あっさりしていて夏に弱った胃にも良さそうだ。どのタネも美味しかったけどわたしはとくに厚揚げが好きだったなあ。ふわっとろっとしていて。あとトマトも良かった。
社長さんはこれでもかというほど大量にからしをつけて食べていた笑

パクさんはじつは午前中にも浅草に来ていたようで、ドンキホーテでお土産に「サロンパス」と「キャベジン」を買ったとのこと。そういうものがウケるのか!わからないもんだなあ。。。
その後上野の美術館をご案内することになっていたのだが、これも自分たちで好きなように見て回りたいということで、結局、おでん屋さんの前で解散ということになった。
おもてなしって難しいっすね。。。

森下さん菅間さんと仲見世のほうをぐるりと歩いて、梅園で粟ぜんざいを食べてから、アートラボに戻り、暑さが和らぐのを待ってから帰宅した。

パク・ヒョンス展/森下泰輔展

アートラボで開催中のパク・ヒョンスさん、森下泰輔さんのW個展のパーティへ。
なんとなく、甘いものより肉と炭水化物かなあと思い、カツサンドを差し入れ。

4月に続き、パクさんとZeinxenoの社長さんが来日された。
パクさんの作品は、本来はもっと大きいもの中心だけれど、輸送の関係上、今回は小品のみ。でも世界的に活躍されている作家さんだけあって、作品の重みと完成度がすごい。写真だとエアブラシで描いたようなやや古い感じにも見えるのだが、実物は素晴らしい質感だった。
アートラボの空間が、まるで美術館のような格調高い雰囲気に変わってしまった。
昨日、今日と、今年で最高に暑い感じだけど、アートラボの自転車を借りてどこかに行ったり、二人とも東京観光を満喫されているようでなにより。

森下さんはアートラボのディレクターで、いつもとてもお世話になっている。でも考えてみたら個展を拝見するのは初めてだった。
森下さんのトレードマークになっている、バーコードモチーフの作品。その時代を表すような偶像を背景としてバーコードが浮かび上がる。偶然、数年前からK-POPアーティストを背景としたシリーズを制作されていて、今回の展示につながった。
バーコードは、平成初頭の1990年ころに登場したそうで、まだ子供だったわたしは当たり前のものとして受け入れていたけれど、あの模様によって情報や流通がコントロールされることは、当時はかなり衝撃的なことだったようだ。今から思えば、情報化社会の先駆けだったのだろう。そういうお話を改めて聞けて面白かった。

わたしも韓国滞在中にあちこち美味しいお店に連れて行っていただいたけれど、先日韓国に行った森下さんと菅間さんはもっと盛大な接待攻勢を受けたそうで、どうお返しするべきか頭を悩ませていた。
今夜も森下さんのいきつけのお寿司屋さんを予約していたのだけど、韓国の方々は日本にいる親戚やお仲間と水入らずで過ごしたいらしく、パーティの後は早々に解散することに。
で、代わりにわたしがお寿司にありついてしまったという。。。すっごい美味しかった。。。

縁日

近所にあるまあまあ大きな神社の夏祭り、どんな感じなのか気になっていた。
昼間は暑すぎて無理なので、うす暗くなってから軽い気持ちで行ってみた。
そしたら、、、
神社の周辺の道路は、いつもはひっそりとした雰囲気なのだが、きょうはとんでもない人ごみで、身動きがとれないほど。軽く恐怖を感じるような状況だった。
露店はたくさん出ていたが、人が多すぎて買い食いする気分にもならなかった。
祭囃子とか飾りつけとかはなく、どうもメインは縁日そのものなのかな?
縁日に来るのは久しぶりだった。ケバブとかトルコ式アイスとかあって、露店にもトレンドがあるんだなあと思った。ケバブ屋の肉焼き器はかなりの高温で、あの人ごみの中では危険な気がするけど大丈夫なんだろうか。
どうにか神社にたどり着き、さくっとお参りして、裏道から脱出した。裏道は暗くて、ほとんど人がいなくて、それはそれでちょっと怖かった。