Girly展

きょうから信濃町のアートコンプレックスセンターで始まった、グループ展「Girly展」に参加しています。

昨日は雨の中、大荷物をひきずって搬入に行きました。
32組の作家のグループ展とはいえ、広い会場なので一人当たりの壁面も広くて、この展示の準備に当てられる時間が少なかったので焦りまくっていましたが、どうにか搬入を終えられてよかったです。

5月の個展のときに、ギャラリーで描いていて結局仕上げられなかった、海底の絵も出展しています。描きかけの状態でも、あれはあれでアリだったなあと思ってますが、ウミガメの部分がお月様になってたりとか、だいぶ変化してます。

Girly展
会期 11月7日(金)–11月16日(日) 11:00-20:00
※11月10日月曜休館 ※最終日は16:00まで

オープニング・パーティー
11月8日(土)午後5時~8時 入場無料(ドリンク、オードブル付)

展示作家
井口真吾/岩清水さやか/内田佳那/ecopino/ONOTAKU/かしろ/菅間圭子/kuru09/倉澤梓/倉澤梢/御門/近藤智美/さかなもち/坂本友由/sioux/sitry /巽千沙都/立澤香織/兎月結花/富松篤/撫子凜/七川えん/nibinibu/ninko ouzou/はやしだちか/樋口裕子/ひろせなおき × BlackDiamond/藤田しず香 /望月宗生/momo irone/夢島スイ/ヨシナリミチコ

トーク:近藤智美(アーティスト、元渋谷マンバ)、ひろせなおき(アーティスト)×BlackDiamond(全国組織黒ギャル集団)
モデレーター:森下泰輔(Art Lab TOKYO)「ギャル文化と芸術」午後6時~
午後7時よりモダンガァール&スナイパーの演奏あり。
主催:ガーリー展実行委員会
協力:Art Lab TOKYO/展現舎/Satelites Art Lab./The Artcomplex Center of Tokyo
会場:The Artcomplex Center of Tokyo B1 hall

ほしふねにわ in 安曇野

去年の秋のライブ以来、活動休止中だった星舟庭ですが、バスに乗って安曇野に出かけて、久しぶりに音遊びをしました。
お天気にも恵まれ、一面に金色の田んぼとアルプス山脈が広がり、稲穂のいい匂いがする中での演奏は最高でした。

田舎道を散歩したり、近所の温泉や渓谷に行ったり、星をながめたり、お蕎麦もおやきもリンゴもキャベツもアイスもヨーグルトも、なにを食べても美味しいし、ほんとに素晴らしいとこでした。おやきって今までお土産にもらったのしか食べたことなくて正直、そんなに美味しいものだとは思ってなかったのだけど、現地で食べたらほんとに絶品だったなー。。。
でもお土産に買って帰ったおやきは、やっぱりいまいちなのだった。あればっかりは、現地で食べなきゃだめらしい。

それに、松本城と、松本城の敷地内にあった資料館が意外に面白くて、あちらでは和紙製の七夕人形をのれん状にぶらさげて飾ったり、ペープサートみたいな平べったい形状のひな人形を飾ったりする独特の人形文化があるようで、すごく興味深かった。
今度はその時期に遊びに行ってみたいな。

ウクレレCDジャケット展終了

ウクレレCDジャケット展、きょうで終わりでした。
同じCDなのに、いろんな解釈があって面白い展示でした。

搬出のときすごく混雑していて芳名帳を見られず、どなたがおいでくださったのかわからないのですが、、、
会期中にご来場くださったみなさま、それに、わたしのジャケットのCDをお買い上げくださったみなさま、どうもありがとうございました!

あの子の隠れ家のまわりにひそむリスと小鳥の話

いろいろと一段落ついたので、ちょこっと実家に帰った。
ちょうど妹と姪っ子(1歳)も来ていて、うれしかったのだけど、久しぶりだったせいか、ものすごく泣かれてしまい、まるで自分がなまはげになったような気分であった。

でも姪っ子が先日のわたしの個展のDMの絵を見て、(鹿さんの絵、といわれてどの絵のことか一瞬わからなかった)妹に「リスさんはどれ?」とか「小鳥さんは?」とか聞かれるとちゃんと探して指さしていたのには感動した。

描いた本人が言うのもあれだけど、あの絵はリアルではなく、単純化された線と色面の集まりで表された、ただの概念なのだ。(Photoshop的な考え方をすれば、ただのドットの集合)
本物のリスを見たことあるかどうかもあやしい1歳児が、どうしてあの絵を見て「リス」とか「小鳥」とかを認識できるんだろう?
まあ、何度か絵を見ながらおかあさんとお話してるうちに覚えたんだろうけど、そのうちすぐに絵のリスと本物のリスとの関係も理解するんだろうなー。

リスの絵を見たことが無い人が本物のリスを見て描いた絵と、リスの絵(誰かが一度概念化したもの)を見たことがある人が描く絵は、これはもう、絶対に別物になってしまうので、わたしの絵を見せたことで、可能性をひとつ奪ってしまったような気もする。

誰かが概念化したものの上から概念を塗り重ねることで文化が作られていくし、すべての人が絵描きになるわけじゃないから、どうでもいいことかも知れないけど。
ほんとにまっさらな状態で絵を描き始めることは不可能なんだろうな。。。他にも幼児番組や絵本などたくさん見てるし、何も知らないままではいられない。
本人が意識しようとしまいと、必ず置かれていた環境の影響が出てしまう。

わたしも子どものころに見たアニメ絵などにずいぶん呪縛されてきたと思う。環境の微妙な違いがその人の個性になるとも言えるし、たくさん知識をもっていることを武器にする人もいるので、善し悪しだけど。

ウクレレCDジャケット展

9/5から千駄ヶ谷のランドリーグラフィックスギャラリーで始まるグループ展「ウクレレCDジャケット展」に出展します。

西里慶さんのウクレレ音楽のCD『ウ・ミ・ノ・ウ・タ』のジャケットを、大勢のイラストレーターとデザイナーとフォトグラファー、ぜんぶで70~80人くらい?が思い思いに飾る展示です。

9/5(金)~12(金) 13:00~20:00(最終日は 18:00)
ランドリーグラフィックスギャラリー
ミニライブ:9/12(金)19:00~ 出演:西里慶バンド
CDをお買い上げいただくと、先着順で、ライブのチケットが付いてくるそうです。

それぞれ2パターンの絵を描くということだったので、わたしは人物の入った絵と、入ってない絵の二つを描きました。
わたしが描く人物の顔は、いつも同じになってしまうので、別の顔を描くのを目標にしてたのですが、、、髪が長いだけで、やっぱ同じ顔かもな~笑
人物が入らない絵は今まで描いたことがなかったのですが、今回はこっちの方がよく描けた気がしてます。

【イラストレーター】
青山タルト、浅見ハナ、いよりあきこ、岩清水さやか、うえだしげこ、内田コーイチロウ、内田早苗、大塚砂織、小川真二郎、おさないまこと、越智あやこ、小野塚綾子、オビカカズミ、梶山よこあ、片山なのあ、加藤英一郎、亀岬美恵、佳矢乃、河合美波、カワツナツコ、北沢夕芸、来瀬川チェコ、KINUE、KUNTA、小塚類子、小林愛美、小栁久実栄、酒井賢司、佐々木一澄、清水あかね、スズキトモコ、TAIZO ー恭誉ー、 高野謙二、田口ヒロミ、田中ひろみ、月島柾未、 tomoto、とやちかこ、トリイツカサキノ、長野ともこ、なかむら葉子、那須 香おり、ナツコ・ムーン、名取あき、服部純栄、日影ひろみ、平沢けいこ、平松 慶、船越谷 香、船越加那、先斗ポン太、松井晴美、macco、松沢タカコ、マツモトクミコ、ラジカル鈴木
【デザイナー】
大滝奈緒子、小口智也、清原一隆、金児剛夫、須鑓 威、中島慶章、畑中 猛、原田みのり、日置祥久、宮坂佳枝、吉崎達夫、世永逸彦
【photographer】
駒﨑崇彰、中筋 純

プレイタイム東京ばらし&搬出

プレイタイム東京の展示、無事に終わりました。
おいでいただいたみなさま、どうもありがとうございました。
広々とした空間に展示できて、とても気持ちが良かったです。
(写真の中に人が入ると、作品の大きさがわかりやすいでしょ?)

ばらし&搬出は、設営のときの大混乱が嘘だったみたいに順調に終わり、そして大量のボールやら綿やらが自宅に戻ってきました。

自分の部屋の中に、ボールが大小とりまぜて180個転がってるという。。。夢か?
ボールは空気を抜けば縮められるけど、それにしたって多すぎる笑
でも絶対に再展示したいから、ちゃんと保管するつもり。人形の顔と手の部分はもう少しなめらかなフォルムになるように修正したいし。
とにかく、もっとたくさんの人に見てほしい。

インスタレーションの動画

インスタレーションの動画を撮影してみました。


明日28日で展示は終わり。3日間なんて短すぎる。。。あああ解体するのやだなあ。。。

どっかで再展示したいなあーーー!!!

でも今回は小さな子どもがたくさん見てくれてうれしかった。
さすが子供服メーカーさんやバイヤーさんのお子さんだけあって、どの子もお洒落で、ものすごく可愛かった^^

あの子のふわふわ綿あめ

今日からプレイタイム東京の新作インスタレーションの展示が始まっています。

昇降式のバーにテグスで吊り下げるのがとにかく大変で、設営は昨日丸一日かけても終わらず、今朝、開場前にどうにか仕上げました。
もーヘトヘトになって足が重く上がらなくなり、老人のような歩幅でよちよちと歩いて帰ってきました。

今回のテーマは「綿あめ」です。
この展示会はフランスの方が中心になって運営しているそうなのですが、フランス語だと綿あめのことをバーバパパと呼ぶらしいです。
あちらの綿あめを画像検索するとピンク色のものが多いので、ピンク色中心にまとめてみました。
可愛い子供服ともコラボしています。

難しいことは考えずにぼーっと見ていただけたらいいなと思います。
あの子にとって、ほんとはこういう世界がホームなのかもな~と思いました。

 

しかし、徹夜明けでの展示の設営が終わってヘトヘトに疲れているはずなのに、まだ部屋の後片付けをやれている、自分の体力には驚いてしまう。
この体力があ るからこそついいつもギリギリまで粘ってしまうというのもあるけど、、、強靭に生んでくれた両親にはほんとに感謝するしかない。。。

クラス会

きょうは、地元で、久しぶりの高校のクラス会でした。

思ってたより大勢集まって、楽しかった!
3年間クラス替えがなくて担任の先生もずっと同じで、その先生が今年の春で定年されたので、お祝いにイラストを描いて贈りました。

先生の特技は生徒の方を向いたまま板書することだったので、その様子を描いてます。
たぶん微分積分の授業中(今となっては意味不明だけど)。。。
机の上のオレンジ色の本はものすごく難しかった「オリジナル」っていう問題集。
後ろの方の席で横っちょむいてほおづえついて現実逃避しているのがわたしです。

実際に近い色で描いたので、いつもの絵と違って地味ですが、みんな携帯で写真撮ってくれたり、喜んでもらえたみたいで嬉しかった!
先生は今年は引き続き母校に勤務しているそうなので、いちど遊びに行って校舎の中とか見てみたいなー。

プレイタイム東京

8/26~28に行われる子供服&マタニティの国際合同展示会、「プレイタイム東京」の会場で新作インスタレーションを展示します。

子供服ブランド200社以上が集まる大きなイベントの会場に、約5m四方の専用のスペースを設けていただきます。

久しぶりに大きなオブジェを作ります。
プランを練るのと材料調達に時間がかかっていて、本格的な作業にかかるのは8月になってからになるのですが、この暑い時期に彫刻の削りカスまみれになるのはしんどいなあー笑

8/26 10:00~18:00、8/27 10:00~20:00、8/28 10:00~17:00
ベルサール渋谷ガーデン

基本的には業界関係者のみのイベントですが、招待状をプリントアウトしてご持参いただければ、一般の方もご入場いただけるそうです(お名刺もご用意ください)。

RAMEN ISSHI

海外で日本式のラーメン屋さんが人気だそうなのですが、今月シンガポールで新しくオープンしたばかりの「RAMEN ISSHI」さんのテイクアウト用バッグのデザインに、わたしのイラストを使っていただきました。

日本ではラーメンをテイクアウトするというのは聞いたことないですが、あちらではそれが普通の感覚のようです。
お店のデザインやメニューも、とてもお洒落で、女性が喜びそうな雰囲気になっています。
シンガポールの人たちは、さっと食べてすぐに席を立ったりしないで、ゆっくりと会話を楽しみながらラーメンを食べるのだそうです。

テイクアウトのサービスは8月中に始まるそうです。
わたしはまだ行ったことがないですが、地図を見ると、マーライオンとかにも近い場所みたいなので、もしシンガポールに行く機会があったらよろしくお願いします。

RAMEN ISSHI
One Raffles Place #04-29 Singapore 048616

会食

おばあちゃんの三回忌が近いので、千葉近辺に住んでいる親戚で集まって会食。
死んだ人は、生きている人同士をつないでくれる。
わたしはお店選びを手伝った。といってもあまりお店の選択肢はないんだけど。

マトリョーシカその後

5月に個展をさせていただいた神宮前ギャラリーは、今月は土日のみオープンしていて、川上澄生の版画などを中心とした展示をしています。

先月作ったわたしのマトリョーシカたちも、今日からいっしょに展示していただけることになりました。わたしは川上澄生がすごく好きなので、ちょっとうれしいです。
表参道のギャラリーめぐりの際は、ぜひついでにお立ち寄りください。(7/12、13、19、20、26、27のみの展示になります。)

マトリョーシカ展おわりました

ギャラリーリテイルさんでのマトリョーシカ展、昨日までで終わりでした。(5日間ってやっぱり短いなー。)

マトリョーシカって、ロシア土産という以外にはなんの意味も無くて、純粋に可愛いだけの存在だと思うんだけど、日本でこれだけ人気があるんだから不思議。
でも、わたしのつくったのは、ロシア土産にはなりえないし、作り方も全然違うし(紙粘土でできてる)、あれをマトリョーシカと呼んでしまっていいのかどうか。(本物よりもさらに無意味さだけは増している笑)

マトリョーシカの定義がよくわからなくなったついでに、3枚組の小皿(いちおう入れ子式にはなっている)と、マラカス(マトリョーシカよりは実用性がある)もつくりました。
かろうじて模様だけはロシア風。。。


でも今回作った中ではこのマラカスの顔がいちばん可愛く描けたかも。

マトリョーシカの日

きょうから吉祥寺のギャラリーリテイルさんで始まったグループ展「マトリョーシカの日」に出展しています。

市販の木型を使わずに紙粘土で作りました。
今のわたしの粘土力では3段入れ子が限界でした。

2014.06.25(水)~06.29(日) 12時~19時 最終日は17時まで
gallery re:tail 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9潤マンション103

ラッコ型のも作りました。
これでもマトリョーシカと言ってしまっていいのでしょうか笑(いちおう入れ子式にはなってますが。。。)

【参加作家】稲葉尚子/やつはしよう子/イケシタコウヨウ/亞鳥舎/terumi/munipen/かれ~なる絵制作所 By ちーもんず★/POPBEANS+015/Shocone/じしゃく也/uma/rikko/かとまり/meca.company/いけざき かおり/梶浦聖子/YUKO/カタオカヒサコ/aimimosa-小早川ひとみ/いちかわともこ/Mieko/ツユクサコミチ/松岡香/conmei/ERI ADACHI/conoco/AYAKA OGAWA/はやしみほ/千秋麻美子/サイキエリ/KIMURA & Co./fumimicreative/澤間紋華/たにお/ツメカ/yuucolin /江連判子店/martha /orange´/mikaru/みつけちかこ/asami/砂川小夜/Little Lotte/さとうあい/珈琲鳥子 coffee tricot/由女/フルクボマユ/ROMINO/*mo2*大塚/しろいろ/沙月/伊藤美奈子/karat/山本ひよ子/木村兄弟雑貨店/松井美晴/小暮千尋/栗山さとこ/ヒラオカモトコ/TICKLE/liquarice/ひつじ草フェルト細工所/さくらせかい/鈴木匠子/てつ/hand craft*fleuri/杉谷ふさえ/Qoonana/しをんそう/フクモトミホ/おかめモノ/おがわようこ/西淑/MARUTA/macco/岩清水さやか/市川森作/ 吉澤つぐみ/つだんぼ/東才子/理友子/早川靖子/こふじたはなえ/北沢夕芸/竹永絵里/FLORA k’sfactory