底なし沼

イラストレーターになりたいという人に相談されることがたまにあって、なんでわたしなんかに聞くんだ、って思ったりするのだけども、そういうとき、わたしは、ほんのちょっと前までは、イラストレーターというのは人として最低の職業だから、いろいろ他の仕事を試してみて、どうしてもこれしかできないとわかったら、それから目指しても遅くはないですよ、と答えていたし、心の底からそう思っていた。

でも最近はちょっと考えが変わった。
なりたいならば、そう言ってるだけじゃなくて、さっさとなってみればいい。
自称でいいので、なるだけならほんとに簡単。
それで合わなかったらやめればいいし、やめられるならやめたほうがいい。

それに、イラストレーターやっているうちに、それよりさらにどん底のヤバい人たちがいるのがみえてきた。

だからイラストは通過点としてそっちに行くケースもあるだろうし、このまま踏みとどまれるなら踏みとどまったほうがいいし。
ああ、底ってないものなんだなあと。。。思うわけです。

こないだ世界堂の絵の具売り場にいたら、某・超有名芸能人が隣で買い物してた。
そりゃ芸能人と言えども画材買うなら画材屋にいくだろうし、わたしは絵の具を物色するのに夢中で隣なんか見てなかったので、はじめは全く気がつかなかったのだけど、わざわざその人、口笛吹いて自分の存在をアピールしてきたのだ。(その通路にはわたしとその人しかいなかった)
単に、休日でウキウキしてただけかもしれないけど、ふつうあんなホコリくさい画材屋で口笛は吹かないだろう。

びっくりして思わず二度見してしまった。
業が深いと言うか、なんというか、、、ばかなやつだなあと思った。
同時に、あれだけ有名になるにはこれくらい目立ちたがりじゃなきゃいかんのかもな、やっぱり、すごい人なんだろうなあと、うっすらと尊敬した。

アーティストって言葉がなんかイヤな感じがするのは、あれは差別語だからだと思う。
一方ではすごいすごいと持ち上げつつ、ほんとは最低なのはみんなわかってるのだ。
アーティストたるものはピュアであることを期待されがちだけど、ピュアってのはバカってことじゃん。
河原乞食とか昔から言うし、おバカタレントが流行ったりとかするのも、根っこは同じことなんだろうなと思う。

搬入&オープニング

今朝、バタバタと展示の搬入をすませた。
部屋でおおあわてで仕上げて梱包したときはかなりがっくりときてたけど、ギャラリーで飾ってみたらまあまあかなという気がしなくもなかった。

以前より良くなったところ、面白いところもあるが、納得いかないところも多い。
しかしあれ以上いじっても、多少はキレイになるだろうけど、本質的には改善できそうにないし、もうどうしていいかわからない。
うーん、うーん、、、まあいつものことなのだけど。。。壁だ。壁がきた。
今回はコンセプト&インパクト勝負の連作なので、鑑賞のコツは、絵からちょっと離れて全体を遠い目で見ることです。

先日からベランダで作ってた干し柿は、あっけなくふつうに美味しいのができて、ふつうすぎてとくになんとも言いようがない。
しいて言えば半分に切らないで丸ごと作ったほうがジューシィにできたかも。でも小さいと気軽に食べられてこれはこれでよい。もっと薄く作ってもいいかもね。

南日本新聞の夕刊が休刊だそうで、今まさに挿絵の連載中なので驚いた。でも小説は最後まで載せていただけるそうで、ひとまずほっとしたけど…。
カラーのきれいな新聞だったのになー。残念です。

『素晴らしき、この世界~What a Wonderful World~展』在廊予定

もう12月ですってよ奥さん!!!
3日から久々の展示です(と言ってもカウパレード終了からまだひと月半か…)。
去年の暮れにもやった、銀座のミレージャギャラリーさんで。
P20号のキャンバス7枚の連作です。現在、例によって必死こいて描いてます。
去年なんか結局描き終わらなくて、ライブペインティングとかうそぶいてギャラリーで描いたりしてたけど(最低~!)、今年はそんなことないようにしますので。。。たぶん。

いまのところ、3日(初日。疲れはててへんなテンションになってるかも)は終日、6日は夕方から、8日(最終日)は14時くらいから、ギャラリーにいる予定です。(途中食事などに出るかもしれませんが、ギャラリーの方に声をかけていただければなるべく急いで戻るようにします。)
お目にかかれればさいわいです。どうぞよろしくお願いいたします。

『素晴らしき、この世界~What a Wonderful World~展』
12月3日(水)~8日(月)11:00~19:00(初日12:00から、最終日17:30まで)

ではでは、おまちしてます!
(あ、あと金曜にも顔を出します。日曜もできれば行きたいんですが、、、)

メトロにのって一周年

「CREA」さんで、酒井順子さんの地下鉄エッセイ「メトロにのって」の挿絵を描かせていただいていて、今月でちょうど一周年ということで、きょうは、酒井さんと、編集部の方々と、新宿御苑「礼華」で、記念のランチ。
とっても上品できれいなお料理で、さすがにたいへんおいしゅうございました。が…、あー緊張した~!うっかりへんなこと口走らなかったか心配だ。。。

女性誌っていうとちょっとアウェイ感覚なもので。ついこう、露悪的に。。。
でもごあいさつできてうれしかった。どうもごちそうさまでした!

萌え=キャラ?

わたしのサイトには韓国とか中国とか台湾からのアクセスが意外とある。
でもわたしは英語のサイトは時々見るけどアジアのサイトはめったに見ないのだが、前川さんのプロジェクトのこともあるし、韓国のイラスト事情はどうなってるのかなーとネットで見てみた。

しかしヒットするのは萌え系ばっかり(日本とあまり変わらない気がするが)。
萌えじゃないイラストを見るにはハングル読めなきゃだめだなーと、とりあえず韓国語のテキストを買ってきた。
文字と簡単な文法を覚えれば、検索くらいはできるだろう。。。
いまは模様にしか見えない文字が読めるようになったら、同じ画面でも、まったく違う見え方がするんだろうな。

イラストにもいろいろあるけれど、いちイラストレーターとして、萌えとかキャラというのは避けて通れないキーワードだと思う。日本人が子どもの頃に一番接する機会が多い絵ってたぶんマンガ・アニメ系だから。

萌え=キャラ、つまり、キャラの不完全な情報を脳内で補うのが萌えだそうな。
それだと結局萌える人自身のキャパシティを越えたものは出ない気がする。究極の片思いみたいなものなのかな。。。それなら理解できなくもないか。

でもわたしも小説の挿絵でキャラクターっぽいもの描いてるし、脳内補完もするけど、子どもとか老人のキャラクターに萌えてるわけじゃない。

萌えってもっとなんかむきだしの欲望みたいなものだろう。

例えばラファエル前派は、直接的すぎて下品な気がしてわたしは好きじゃないが、欲望のおもむくままに描いてるようで、あれは萌えなんだろうなと思う。(関係ないけどウィリアム・モリスの自画像って宮崎駿監督の自画像に妙に似てる。)

マンガやアニメの絵がすべて萌えだとも思わないが、マンガの絵の一番の特徴は、本物の人間を観察しないで、過去のマンガをまねるとこから新たな絵柄を作りだしていることだと思う。
だから目とかおっぱいとかが異常に大きくなっていく。

わたしの絵も、目なんかありえないくらい大きいし、モデルも使わないし、意識的にマンガ的な記号を描き込むことも多い(汗とか、フキだしとか)。
かなりマンガに近いので、気になってモヤモヤしてしまうんだろうな。

外国の人は日本のマンガの絵をみて目が大きいのを不思議に思うようだけど、目が大きいのは、それだけ日本人が目に関心があるからだと思う。
関心のあるものを大きく描くのはごく自然なことなんじゃないだろうか。

日本人は目玉が黒いから顔をぱっと見たときに目玉が一番目立つし、アイコンタクトで意思疎通してるから、目に対する興味が強いのだろう。
目を合わさないようにするマナーも、目を意識してることの表れだし。(わたしは視力がいいのでわからないけど、近視の人が多いせいもあるかな?)

外国のイラストだと鼻がすごく大きくて目は点だけだったりする。
白人は目の色素が薄い人も多いし、小説なんか読んでも鼻についての言及が多いし、たぶん彼らは鼻で意思表示できるんじゃないかなあ。(それに加えて、異文化に触れる機会が多いと表情だけではコンタクトできないから、あの大げさな身振り手振りが必要になってくるんだろうけど。)
そうすると鼻に陰影をつけて立体表現しようと考えるのは当然の流れで、つまり持って生まれた顔かたちによって、描く絵も大きく変わってしまうってことだ。

もちろん、描く人の現実の顔と理想の顔かたちには開きがあるけど、それでも現実からあまりにもかけ離れた絵ってそう簡単には生まれてこないものだ。
(ちなみにわたしのイラストの人物はみんなわたしになんとなく似てるんだけど、どこが似てるかというと、実は目ではなくて鼻の穴の形だと思う。なにしろみーんな同じ。)

そうなると興味深いのは黒人の描く人物画だけど、これがなかなか見る機会がない。
やっぱり彫刻か染色に向かいやすいんだろうか?

トリックスター

いろいろと差し迫ってきて、遊んでる場合じゃないのだが、、、

友人Bちゃんと、インペリアル・アイス・スターズ公演「眠れる森の美女」を見てきた。
バレエの演目をスケートでやっちゃおうなんて、ロシア人って、繊細なんだか雑なんだか。

厚生年金会館のステージ上に、ほんものの氷のリンクを張ってたので、前から5列目の席だったのだけど、けっこう冷気がきた。
衣裳とか装置とか照明とかにはもう少し頑張ってほしいところだったが、あのせまいリンクで、デススパイラルとかスロウジャンプとかもやっていた。
ちょうど目線の高さがリンクと同じだったので、首が疲れたけど迫力はあった。

でも日本の観客もこのごろは目が肥えちゃって、ちょっとやそっとじゃ驚かないので、前半は拍手もまばらで寒々としてたけど、後半はなかなか楽しかった。

カタラビュート役(なのにほぼ主役)のイリヤ・クリムキンひとりがずば抜けてうまくて、まさに水を得た魚のよう。トリックスターの本領発揮で、やっぱりいい味だしてた。
カーテンコールでトリプルアクセル跳んでくれるかと期待してたのにな~、千秋楽だったし。
うっかりプログラムにサインまでもらっちゃった(だってサイン会やってんだもん)。Bちゃんはまた今度もフィギュアの世界選手権を見に行く予定だそうだ。すごいな…。

で、バンクーバー五輪に行かない?と誘われた。
そんな先のことわかんないよ~、行きたいけどさー。

終演後、新宿御苑に行って、芝生にごろんと寝転んで空を眺めた。屋根のないところで寝転ぶのは久しぶり。雲ひとつない夕暮れの不思議な色の空に、ほんとにすいこまれてしまいそうだった。

ブレーメン

わたしはくるりがとても好きで、こないだなんかの拍子にふっと、このさき老人になってもずっとくるりを聴いてるという幻が見えた。(サザン好きの人が一生サザンを聴き続けるみたいに。)

で、わたしは気分にあった曲を何百回もリピートして聴く癖があって、このごろは「ブレーメン」って曲ばっかり、繰り返し繰り返しかけている。
いまオルゴォルって小説の挿絵を毎日毎日毎日毎日描いていて、この曲の歌詞にオルゴールが出てくるのでなんとなく。

オルゴォルは12月中旬から苫小牧民報さんにも掲載されるそうです。
苫小牧には学生のころに行ったことがあるなあ。通りすぎただけだけど。
あのときは苫小牧から仙台に向かうフェリーに乗った。旅の音楽隊と相部屋だったっけ。。。

ワルツを踊れ Tanz Walzer

ワルツを踊れ Tanz Walzer

    • アーティスト: くるり
    • 出版社/メーカー: Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)
    • 発売日: 2007/06/27
  • メディア: CD

干し柿

実家でとれた柿がたくさん送られてきたので、渋柿ではないけど、干し柿を作ってみることにした。
ほんとはヒモで吊るしたいとこだが、それほどの量じゃないし、うちのベランダにはカラスがやってくるので、干し網を使う。
今年の柿は小ぶりだったけど、速く乾くように、半分に割って並べてみた。
おいしくできるかな~。
ついでに柿の皮と、カブも干した。これはぬか漬け用。
おばあちゃんみたいだなー…。

夢の途中

だいたいわたしくらいの世代はロストジェネレーションとか言われて、SMAPとかヤワラちゃんとかたまにめだつ人がいないわけではないけど、全体的にいって、他の世代に比べたら地味なのは明らかだと思う。

アラサーの元気のなさはバブルを経験してないからだという。
たしかに受験にも就職にも苦労したし、人数だけは多いからよけいに競争はハードだった。
でも、子どもの頃には「夢は信じればかなう」と言って育てられたのが、社会に出る前に突き落とされて、期待もされなかったことで、かえってわたしたちは「好きを仕事にする」ということを許された。
それはいいことばかりではなく、好きなものなんて誰にでもあるわけではないのに、好きを仕事にできなかった人は自分探しの旅に出ちゃうし、好きを仕事にした人は貧乏だ。

しかし、そもそもバブルのほうが異常なので、そんなのと比べたってしょうがない。
ただバブルを経験してないとかそれだけのことで、これからアラフォーになってもアラフィフになっても、ずっとこのまま元気ないと言われ続けることになるのかなわたしたちは?
…っていうか、ほんとに元気ないのかな?

たしかに地味は地味だけど、地味なのと元気ないのは違うことだと思う。
たとえば、お金をかけなくても身近なところで面白いものを見つけて、生活を楽しくする力を持った人には、同世代的な共感をおぼえる。
ちょっと貧乏臭かったり、屈折していたりもするけれど、それなりに美意識だってあるし、面白いものは面白い。

大きなムーブメントを起こす力はないかもしれないが、そういう役割も大切だ。
それは日本が経済的に豊かになったあとに求められていた能力だとも思うし、団塊ジュニアとして、団地で鍵っ子として育てられたころから、働き蜂の親の世代を補うために養われた能力なのかも知れない。

だとすれば、バブル以前の話ということになる。世に出るのが遅れたのは、もう過ぎてしまったことなので仕方ないけど、自力で世に出たならば、その過程で得たものがないはずもないし、まだまだこれから、力を発揮していける場面はあると、わたしは希望を持っているのだけどな。

記憶

昔、母が小学生や中学生だったころの思い出を話してくれたのを不思議な気持ちで聞いていたものだが、自分が大人になってみると、20年くらい前のことでも、そんなに時間がたってしまったとは思えない。
ふだんの生活のことはほとんど忘れてしまっていても、事柄によってはついさっきのことのように思い出せる。

たとえば、中学生のときに水害に襲われて避難したときのこととか、知識としての記憶じゃなく、感覚ごとよびおこすことができるし、もっと現在に近い経験を話すのと同じように話すことができる。

あのときの母も、きっと、遠い昔話としてではなく、リアルな体験として話してくれていたのだろうなあ。

振り返ってみれば、過去のわたしと現在のわたしは1本の線でつながっている。
今のところはまだ、過去の記憶のほうが輝いて見えるということもないし、過去に戻りたいとも思わないのは、たぶんいい傾向なんだと思う。

タイム・クレヴァス

きょうは横浜トリエンナーレに行ってきた。
大学の先輩が出展されてたので(すごいなあ)。

全体のテーマが「タイム・クレヴァス」ということで、時間や、歴史の表現として、映像、光、音を使ったもの、それにパフォーミングアートが中心だった。
わたしには時間を連続的に把握することが非常に困難なので、映像を見るといつも戸惑ってしまうのだが。。。すごく面白かった。

ああ、見つめるだけじゃだめだなと思った。
いったいなにを見つめているのか、わからないまでも探ろうとしなくては。(もしこれから行かれる方は、有料の音声ガイドを借りたほうがいいです。音声ガイドがないと成立してない作品があったので。)

夜は、前川プロジェクトの初顔合わせ。
赤坂の「やさい村 大地」で。サムギョプサルってはじめて食べた。みたことない野菜が山盛りで、おいしかった。
だらだらしゃべるだけなのかな~と思ってたら、なんか話がどんどん進んでいって驚いた。
おー、プロジェクトって感じ!(いつもひとりで仕事してるから新鮮~)

さ、明日からは、しばらくひきこもるよ!

Ob-La-Di, Ob-La-Da

きょうはTさんのバンドのライブに行った。
うーんなんというか、すごい盛り上がりっぷりで、楽しかった。荒木町、いい町なんだなあ。

ヤポンチカ

きょうは前川さんのバンドのライブに行った。あんなに声を張ってる前川さん、はじめて見たかも。

前川さんの小説を韓国語に翻訳するプロジェクトの宋さんにご挨拶。
ゆるゆるのサークル活動みたいなものだそうで、実際に韓国で出版されるかどうかはわからないし、わたしの出番はあったとしてもだいぶ先になりそうだけど、おいしい焼肉屋さんでの会合に混ぜていただけるそうなので楽しみ。

素晴らしき、この世界~What a Wonderful World~展

来月、またグループ展に参加します。
場所は去年の暮れにも展示をやった、銀座のミレージャギャラリーさんです。
去年は立体を展示しましたが、今回は絵だけを展示します。
立体やると確実に受けるんだけど、そういう飛び道具はなしで、ちゃんと絵だけでも見せられるようにしないといけないなあと。
最近はやたらとこまかく描き込んだ絵が多かったので、なるべくシンプルに描こうと思っています。ミレージャさんは広いから準備がたいへん~。

『素晴らしき、この世界~What a Wonderful World~展』
12月3日(水)~8日(月)11:00~19:00(初日12:00から、最終日17:30まで)

浅川慎一郎/朝森ゆき/atom/岩清水さやか/榎原直人/くぼたまなぶ/さかきくみこ/塚本光/氷見ユウタ/平林枝里子

***

ところで。。。
先日、わたしと生年月日と血液型が同じだというSさんからメールをいただいた。偶然このブログを発見されたとのこと。
Sさんはプロの占い師(!)なので、同じ誕生日の人にとても興味があるが、今まで会ったことはなかったそうだ。mixiの誕生日コミュにも同い年はいないらしい。
そういえばわたしも会ったことないな。人数の多い年代なのに。

Sさんは、早稲田の文学部の哲学科出身で、学生時代は演劇に熱中してたそうな。なんか経歴まで似てるし。。。双子!? 朝ドラ!? ………ロスジェネ?

さっそく、今度の展示の最終日にお会いすることになった。で、まさかとは思いますが、もしかしてこのブログ読んでる方で、1975年6月19日生まれ(B型だとなお結構)の方、ほかにいらっしゃいましたら、ぜひともご連絡ください。哲学科だったら笑えるけど、そうじゃなくてもいいですから。

わたしたちは来年は運気があがるので、積極的にチャンスを作っていくと良いそうですよ~。

酉の市

きょうは新宿で打ち合わせの後、花園神社の酉の市でちっちゃな七福神のついた熊手と切山椒を買った。夕方だったので見せ物小屋はやってなかった。
このごろはだいぶ寒くなったけど、酉の市の時期って感じはしない。
でも今年もあとふた月。長~い二ヶ月になりそうだけど…。

来月の展示で使うキャンバスを買って帰宅。
さっそく仕事机の頭上に熊手を飾った。商売繁盛祈願!